巨大地震や大事件が「46分」に起きる謎!! 偶然の一致か、それとも...!!

tocana / 2014年4月24日 9時0分

写真

■「46分」の謎

 4月1日(日本時間2日)にチリ・イキケ沖で発生したM8.2の巨大地震は、6人の死者を出し、ハワイや東日本各地に津波をもたらした。この地震が発生した20時46分(現地時間)という時刻が、一部のネットユーザーの間で話題になっている。というのも、東日本大震災の発生時刻である14時46分と、同じ「46分」に起きているためだ。

 これだけならば、単なる偶然の一致と誰もが思うだろう。だが、それだけではない。近年発生した以下の大地震・大事件が、不思議と「46分」に起きていたのだ。

・1995/01/17 5:46→阪神淡路大震災M7.3
・2001/09/11 8:46→米国同時多発テロ(WTCビル激突の時刻)
・2011/03/11 14:46→東日本大震災M9.0
・2014/04/01 20:46→チリ地震M8.2

 このように、日本に甚大な被害をもたらした2つの大震災と、米国同時多発テロ、そして今回のチリ地震が、いずれも「46分」に発生していることは、単なる偶然とは考え難いものがある。偶然にもすべて同じ「46分」に起きる確率は、限りなく低いのではないか。


■「11」の謎

「46分」の一致以外に、頻繁に見られる「11」という数字も、陰謀論を好む人々の関心の対象となっている。

 米国同時多発テロで、アメリカン航空11便が、110階建てのツインタワー北棟に激突したのは、NY時間の2001年9月11日8時46分のことだったが、ご覧のとおり「11」の数字が実に3度も出現している。東日本大震災が起きたのは2011年3月11日、と「11」の数字が2度出現。阪神淡路大震災も1月17日に発生と、見方によっては「11」が含まれている。

 このような「11」という数字の頻発も、単なる偶然として片付けてしまって良いのだろうか。もはや、前述の「46分」や「11」という不思議な一致を説明する手段は、以下の2通り以外にないのではないかとさえ思えてくる。

(1) すべて偶然の一致にすぎない。
(2) 4件の出来事がすべて「あらかじめ仕組まれたもの」だった。

 仮に(2)であるとした場合、地震という自然災害が、「実は人の手によって起こされたものだった」と考えざるを得なくなってしまう。そのため、陰謀論を好む人々の間では、先に挙げた地震が「人工地震」だったのではないか、という説がまことしやかに語られるようになった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング