【STAP細胞】笹井氏バッシングは酷なのか!? 「不正見抜かなくてOK」が自然科学界の常識!?

tocana / 2014年4月24日 8時0分

写真

 未だ収束の気配の見えない『STAP細胞』騒動。先々週に行われた小保方晴子ユニットリーダーの会見を受け、先週、STAP論文の共著者で小保方氏の指導役だった理化学研究所副センター長である笹井芳樹氏も会見を行った。
 
 笹井氏は会見のなかで、論文の不正を見抜けなかったことについて、「私は論文投稿までの約2年間の過程の中で、最後の2ヶ月強の段階で参加致しました。生データや(実験)ノートを見る機会がございませんでした」と弁明した。

 つまり、4段階ある研究プロジェクトのなかで、最終段階にしか加わっておらず、不正を見抜くのは難しいというアピールだ。

 これには各ワイドショーが「研究不正について責任逃れ」と大バッシング。ネットでも呼応するように、『STAP笹井芳樹を許すな、逃げ切るつもりだ』というスレッドが立っている。『サンデージャポン』(TBS系)でも元東京高裁判事で弁護士の細野敦氏が「理研の副センター長であり、論文をチェックする役割でもあった訳ですから、会見のなかで、責任を回避する言動に終始していたのは残念。笹井先生のような世界的な権威のある学者の人が、どうしてこうも小保方さんの論文を信じてしまったのか」と苦言を呈した。

 そんな世論とは真逆で、山王病院副院長の奥仲哲弥氏は笹井氏を擁護する。

 奥中氏によれば、笹井氏はこの分野において日本の至宝と呼んでもおかしくなく、彼が推薦したからこそ『Nature』も論文を載せたのではないかと話し、「笹井先生は、利用されたというのはおかしいかもしれないけど、そういう部分があった」と持論を展開。

 また「生命科学の実験っていうのは、一人でやっていくものなのです。ピペットや顕微鏡を一緒に見るということは、笹井先生クラスが一緒にやることはありえない。笹井さんは小保方さんの論文を添削はしたんです。だけれども、そこに小保方さんが正しい結果を持ってこなかった。でも"持ってきた論文は正しい"というのが自然科学の常識だから、不正を見抜けなかったと笹井先生を責めるのは酷だと思います」

 ...つまり、笹井氏は、あくまでも小保方氏の『STAP論文』の整合性を判断しているだけで、論文の不正を見抜く役割までは請け負っていないという訳だ。自然科学の常識からすると、そういうことになるらしい。

 そんな幹細胞生物学と神経発生学の権威である笹井氏は会見にて、『STAP細胞』について、「論文撤回が適切」としながらも「観察データに基づいて考えると、十分検証する価値のある合理性の高い仮説」と語っている。これを鵜呑みにするならば、『STAP細胞』に可能性を感じられずにはいられない。

 だが、その一方で「週刊文春」(文藝春秋)には「笹井氏は、小保方氏のユニットリーダー就任を積極的に推薦。彼女を『僕のシンデレラ』と呼び、疑惑浮上後には映画『ボディ・ガード』になぞらえたのか、『僕はケビン・コスナーになる』と語っていた」と掲載されていた。

 もしふたりが、男女の関係があったうえでの発言ならば、また話が違ってくる。

 批判、擁護、さまざまな人物を巻き込みつつも、収まる気配の見えない『STAP細胞』騒動。小保方は、以前の会見で会見で作成に「200回以上成功している」と話したため、『STAP細胞』を作成するのが一番証明となるのだが...。
(TV Journal編集部)

tocana

トピックスRSS

ランキング