日本人外交官が語った、ミャンマーでの怪奇現象!! 恐怖の音は「ナッ」の仕業なのか!?

tocana / 2014年4月25日 11時0分

写真

 近年、日本企業の新たな投資先としても注目を集めるミャンマー。国民の多くが仏教を信仰するこの国だが、現地に赴任したことのある外交官は、「実はオカルト現象が多い国でもあるんです」と語る。「特に、仏教伝来以前から『ナッ』と呼ばれる精霊の信仰があって、実際に私も......」という彼が明かした、世にも不思議な体験の一部始終を紹介しよう。


■ミャンマーへの赴任

 今回話を聞いた外交官Aが赴任した当時、ミャンマーはまだ世界の最貧国の一つで、新首都ネピドーにも電気や水道の行き渡っていない場所がほとんどだったという。

「在留日本人たちは、地元に何軒もない高級ホテルが経営する『サービス・ハウス』という施設に入居することが多かったんです。これは一種の集合住宅で、日本のマンションにも似ていますが、経営主体がホテルなので、掃除などのサービスはもちろん、水や電気もホテル側が責任をもって提供してくれる。治安上も問題が少なく、当時のミャンマーにしては比較的快適な生活が送れる施設だったはずなのですが......」

外交官Aは、前任者が住んでいた4階の部屋を引き継いで入居したらしい。


■次々と不思議な現象が!

 ところが、それから奇妙な経験が始まった。外交官Aは、昔から寝つきの良い方だったが、入居したその夜から熟睡できなくなってしまったのだ。

「特に騒々しいとか、室内が暑いとかいう問題があるわけでもないのに、眠りが浅く、すぐに眼が覚めてしまうんです。最初は、新しい環境で緊張しているのかと考えましたが、何カ月経っても状況は変わらない。とはいえ、他に支障があるわけでもなかったので、そのまま我慢して住み続けていました」

そしてある夜のこと、やはり眠れずにいる彼は、ある体験をする。

「どこからともなく、石のテーブルの上にコインが落ちるような金属質の高い音が聞こえたんです。その音は一度きりで収まったのですが、しばらく経ったころ、今度は別の音が聞こえました。それは、何やら粘土のようなやわらかいものが落ちて、ひしゃげるような歪んだ音でした」

彼は不思議に思ったが、この音の原因を特定することはできなかったという。


■前任者が明かした事実

 同じく外交官で、かつてミャンマーに赴任していた前任者Bから電話がかかってきたのは、その数日後だったという。部屋を引き継いだ関係上、少しは責任を感じて後任の様子を確かめようとしたらしい。

B「どうだい、住みごごちは。何か支障はないかい」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング