【W杯】日本は予選リーグを2位で突破する!? メンバー発表に海外紙も注目!

tocana / 2014年5月14日 10時0分

写真

 ついに発表となったザックジャパンの23人のメンバー。"サプライズあり"の編成、また過史上最多となる12人が海外組からの選出ということもあってか、国内だけでなく、国外でも早速記事になっていた。

 強豪国でもあるフランスはどのような点に注目し、どのような反応を示したのかをご紹介しよう。

 以下、「L'EQUIPE.FR」より一部引用。

 ブラジルワールドカップまで1か月を切った今、アルベルト・ザッケローニは代表となる23人の日本人選手を発表した。コロンビア、ギリシャ、コートジボワールと同じグループCの日本は、香川真司(マンチェスター・ユナイテッドFC)と本田圭佑(ACミラン)と共にブラジルに向かうようだ。また、2010年南アフリカ大会にも出場し、昨季Jリーグの得点王となった大久保嘉人がサプライズのでの選出となった。

 この記事に対し、フランスの読者はどんな反応を示したのだろうか?

以下、コメント欄より

「本田、清武、内田に香川! 悪くないメンバーだと思うな!」
「香川・本田・清武のトリオ(知らない人のためへの説明だと思って聞いてね)はめっちゃいいよね」
「そんなに驚くようなメンバーじゃないね」
「1位ギリシャ、2位日本、3位コロンビア、4位コートジボワールってとこかな」
「高橋好きなのに、いないのは残念だなあ」
「香川はとっても力があるよね。MUでプレイするのに値する才能があるもん。非常にいい選手だと思うな」
「ハーフナーいないんだ、背があるのにね。彼がいないなら岡崎に注目!」
「日本の弱点はDFとMFじゃないかな」
「とってもいいメンバーだと思うな。大津がいないのには残念だけど」
「2010年よりいい結果を残してくれることを期待しています」
「乾、いないんだ!!!」
「わ、いいメンバーだと思う!」
「チームプレーは日本の強みだよね」
「がんばれ日本!」


■海外紙も注目をする「本田と香川」

 ちなみにこの記事のタイトルは「本田と香川と共に」。やはり、ヨーロッパで活躍しているだけあって注目されているようで、記事内でも「2人を筆頭に」と、いう印象を受ける。また、コメントから察するに、日本代表がいいチーム編成であることは間違いなさそうだ。ただただ応援しているのか、それとも日本を敵と見なしていないのか...そのあたりは微妙なラインだが。

 フランスは98年大会で優勝しているものの、浮き沈みの激しい結果が目立つ。今大会ではグループE、恵まれた組合せとなっている。日本の勝利はもちろんのこと、純粋な気持ちで応援してくれているのなら、ぜひともフランスにも勝ち進んでいってほしいものだ。
(文=柏葉美月)

tocana

トピックスRSS

ランキング