メキシコの夜空に現れた謎の螺旋光!! 磁気か、ミサイルか、地球外生命体からのコンタクトか!?

tocana / 2014年5月20日 12時30分

写真

 先月9日、ロシアのテレビ局「TB3」によって報じられた映像が、現在さまざまな憶測を呼んでいる。まずは問題の映像をご覧頂きたい。

【動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/05/post_4150.html】

 この不思議な螺旋状の光は、今年3月のある夜、メキシコ南東部・オアハカ州の上空に突如として姿を現したという。映像を目にしたロシアの科学者たちからは、磁気の渦やUFO、そして地球外生命体との関係を指摘する声も上がっているようだ。またメキシコでは、2012年10月、気象レーダーに正体不明の巨大な渦巻きが捉えられたことがあり、今回撮影された螺旋状の光との関連も囁かれているという。


■世界で目撃される謎の螺旋光!

 しかし世界には、このような螺旋状の光が目撃された例が数多く存在している。オーストラリア(2010年6月)、ニュージーランド(2011年3月)、モンゴル(2011年6月)、ウクライナ(2011年11月)、イスラエル(2013年6月)、ノルウェー(2013年9月)などのケースがよく知られているが、この中でノルウェーの場合は、ロシア軍による大陸間弾道ミサイルの発射実験失敗が原因であったことが後に判明し、世界を驚かせた。


 今回、たとえミサイルの発射実験の可能性が疑われるとしても、一切の公式発表がなされていない現時点で断定することは不可能だ。ミサイルか、磁気か、それとも地球外生命体からのコンタクトか。夜空を明るく照らす、螺旋状の光の正体とは一体何なのだろう。

tocana

トピックスRSS

ランキング