キャリー・フィッシャーとスター・ウォーズについてあなたの知らない20のこと

tocana / 2014年5月22日 14時0分

写真

 マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャーと聞いて、すぐ頭の中にファンファーレの鳴り響く人は、かなりのスター・ウォーズ・ファンで、しかも結構お年を召してらっしゃるはずです。2015年公開予定の「スター・ウォーズ/エピソード7(仮題)」に、この3人が揃って出演することが発表されて歓喜したファンもいれば、掲載された写真を見て、「勘弁してよ~」と思った方も多いことでしょう。どんな役で彼らが最新作に登場するのか、見たいような、見たくないような...。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/05/post_4163.html】

 ハン・ソロを演じたハリソン・フォードにとっては、スター・ウォーズ・シリーズは出世作であり、その後の彼の活躍は多くの映画ファンの知るところです。しかしその他の出演者は、スター・ウォーズ以後、脚本や配役に恵まれたとはいえず、役者としては忘れ去られた感があります。あなたはスター・ウォーズ・ファンとして、麗しのレイア姫を演じたキャリー・フィッシャーについてどんなことを語ることができるでしょうか? 例えば彼女が女優デビー・レイノルズ(代表作『雨に唄えば』)の娘であることを知っていましたか?

「Ink Tank」というサイトに、『キャリー・フィッシャーとスター・ウォーズについてあなたの知らなかった20のこと』と題した興味深い記事が掲載されていたので以下に紹介します。

1 監督のジョージ・ルーカスに対しては複雑な愛憎を抱いていた
 キャリー・フィッシャーは、自身の回想録『Wishful Drinking』の中で、「ジョージ・ルーカスは私の人生を台無しにした」と語っています(これはもう少し掘り下げてほしい項目ですが、サイトにはこれ以上のことは書かれていません。詳しく知りたい方は本書をどうぞ。ただし日本語版は存在しないようです)。

2 映画の衣装が大嫌いだった
 彼女は、第一作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で着た白いドレスが嫌いでしたが、何といっても嫌だったのは、「ジェダイの帰還」で身に付けた金属製のビキニだったと言っています。「横たわると"メタルビキニ"が浮いちゃうのよ。だから、ボバ・フェットには下まで全部見えちゃったわ」

3 彼女の名前(役名)のドラッグがある
 "Princess Leia"という名前のマリファナが存在するのを知ったのは、フィッシャーの娘のボーイフレンドが安く手に入らないかと聞いてきたから。

tocana

トピックスRSS

ランキング