ドイツカップ決勝に現れた幽霊選手!? フィールド上を黒い影が疾走!!

tocana / 2014年5月24日 12時30分

写真

 5月17日に行われたサッカー・ドイツカップ決勝、ドルトムントvsバイエルン・ミュンヘンの手に汗握る試合のさなか、なんと23人目の選手がピッチに登場!? ...ファンの熱狂に包まれたベルリン五輪スタジアムのフィールド上に、さながら交代選手のごとく駆け込んできた黒い影を、実況カメラが捕らえていたのだ。

【動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/05/post_4173.html】

 この"登録外選手"の登場はほんの数秒であったが、彼の登場シーンを切り取った動画がネット上に投稿されるや、サッカーファンのみならず世界中のネットユーザーの話題をさらうことになった。

 現れた場所や走る方向を見る限り、彼は赤のユニフォーム、バイエルン側の選手のように思えるが...。過去、ここでの試合に禍根を残したまま亡くなったサッカー選手が、思わず「登場」してしまったのか、はたまた撮影機材や電波障害に起因するものなのか。その正体はまったくの謎のまま、様々な憶測を呼んでいる。

 試合の結果はといえば、2対0でバイエルンが栄光を手にしている。両チーム無得点のまま延長戦に突入したところで、バイエルンのアリエン・ロッベンによる先制点が均衡を破り、さらにトーマス・ミュラーがダメ押しの追加点を決めた。


■なぜかサッカー試合中に突如、疾走する黒い影が!!

 このようにサッカーの試合中に現れる黒い人影は、南米でも目撃されている。最近になってサッカー場で幽霊騒ぎが続いて起こっているのは、単なる偶然なのだろうか。ひょっとするとワールドカップイヤーを迎え、サッカー好きな幽霊たちも黙って見ていられない興奮状態にあるのか...。今後もサッカーの試合中に同様の現象が目撃されることがあるならば、いよいよ何かがありそうだ。
(文=仲田しんじ)

tocana

トピックスRSS

ランキング