1億円のキャンピングカー!? 最新技術を駆使した“動く豪邸“は果たして売れるのか?

tocana / 2014年5月30日 23時0分

写真

 1億円出せば、ほとんどの場所や国でかなり素晴らしい家を得られるはずだ。しかしこの"豪邸"にはまず、駐車する場所が必要だ。そう、それは約1億4千万円の価格で市場に登場した、最高水準の技術を備えたキャンピングカーなのだ。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/05/post_4208.html】


■ハイテクの贅を極めた"動く豪邸"

 これは1970年代に退職者がこぞって購入したキャンピングカーとは全く種を異にする。今までのキャンピングカーはただ、ドライブ中に車中で眠れるだけであったが、これはニューヨーカー達の避暑地として有名なハンプトンの邸宅よりももっと豪華なのである。このキャンピングカーには、ピアノ、運動用にトレッドミル、日焼け用ベッド、レコーディングスタジオ(ミュージシャンタイプ用)、そして暖炉まで付いている。

 デラックスなこれらのキャンピングカーは、8台のサムスン製LED液晶フラットスクリーンを備え、そして運転席付近も2台のフラットスクリーン付きに改造されている。

 キャンピングカーの中には、自動の飲料用ディスペンサー、天井に付けられたLED照明システムと共に最新式のシャワーも付いている。

 この巨大な家を搭載した車はガソリン1ガロンで8マイル(約3.5km/L)の走行距離で、燃費のよい自動車とは言えない。しかし、1億円をキャンピングカーにつぎ込む人にとって、ガソリンの価格はさほど問題ではないであろう。

 もし、もっとお金を使いたいと考える人には、屋根に搭載されたスカイラウンジのあるモデル、また製氷機、冷蔵庫、BBQグリル、長さ6フィート(約183センチ)の大テーブル、そしてサラウンド・サウンドを完備した「飛び出す中庭」搭載モデルもある。


■成金趣味的というコメントも多々!?

「Daily Mail」オンライン版の読者のコメントを見ると、

「1億円のキャンピングカー? 遠慮します。私はむしろ自分の家にそのお金を使いたい」

 という真っ当な意見から、

「仰々しくて好きじゃないね。要はただのキャンピングカーだろ?」
「このキャンピングカー、スターウォーズみたい」

 など、あまり芳しい意見は見られなかった。

 キャンプやBBQが大好きな人が多いアメリカでもこのキャンピングカーはあまり話題にならなかったようだ。見た目も成金的で、これに乗るには1億円以外にもかなりな勇気が必要とされそうだ。あなたは1億円でこのキャンピングカーを買う?
(美加リッター)

tocana

トピックスRSS

ランキング