危険!? DNA除去スプレー『インビジブル』が今月発売! 完全犯罪が誰でも可能に...!?

TOCANA / 2014年6月3日 14時30分

 このような「不注意な破棄」に加え、多くの国家当局は、軽犯罪を犯した者や有罪判決を受けていない逮捕者からも生体試料を集めて日常的に保管しており、その結果、権力によって作成されるDNAデータベースは拡大を続ける一方である。


 さて、レスター大学のジョン・ボンド博士は このスプレーについてこうコメントしている。

「もしこれが犯罪に使われる場合、犯人は犯行後、周りにスプレーをして後始末するということになりますが、現実には手袋さえしない犯罪者が多いのです。実際にこのスプレーが犯罪捜査に影響を及ぼすとは思えません」
「(権力側が)犯罪捜査以外の目的でDNAの収集と分析を行っているかもしれないという、人々が感じている怖れを利用してこのスプレーを宣伝しているのだと私は思います」

 一方、英紙「Daily Mail」オンライン版のコメント欄には、

「我々のような普通の人間は、自分のDNAの痕跡を消す必要はない。だからこのスプレーを買う必要がある人は、何か重大な隠し事がある人だ」
「別にこのスプレーを買わなくても、家にある漂白剤やアンモニアでもDNAは消せます」
「ひどい発明だね! 犯罪発生率の急上昇を招く」

 などの否定的意見が多く寄せられている。

 しかしながら、政府が人々の電話やEメールの内容をチェックしていた事がスノーデン氏によって公になった現在、アメリカでは「陰謀」や「スパイ」といった言葉に人々が非常に敏感になっている。99ドル(約1万円)という手頃な価格と相まって、このスプレーはある程度売れる可能性もありそうだ。
(文=美加リッター)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング