あてはまる人はサイキックかも!? あなたの超能力を測る6つのテスト

tocana / 2014年7月13日 13時0分

写真

 多くの人は、過去にテレパシーや予知といったものを感じ取った経験があるのではないだろうか。通常はまぐれに近いものだが、もしもあなたが頻繁に感じっているとすれば、それは超能力があるということかもしれない!! そこで米情報サイト「Paranormal」では、あなたが超能力者かどうかを決める6つの判断材料を紹介している。


1. 電話が鳴った瞬間、誰からかかってきたかわかる

 この現象は誰しもが1度は経験しているだろう。そして偶然の一致に驚くことがあるはずだ。もしかしたら、いつも当てることができるという人さえいるかもしれない。だが、全く予想もつかない人からかかってきた場合はどうだろう? 例えば1年以上連絡を取っていない人からなど。この難しいケースを言い当てられる場合、あなたには超能力が備わっているかもしれない。


2. 家族や親しい人がトラブルに巻き込まれるのを察知する

 身近な人の安全は常に気にかかるものである。子どもが学校に行っている間や、友達と離れて1人で行動している時、旅行中などは特に心配な場面であろう。様々な例があるが、身近な人が負傷していたりトラブルに巻き込まれた際、激しい胸騒ぎを感じ取り、何らかの事故に違いないと確信する場合がある。こういった現象は親子や夫婦、兄弟間などで多く起こる。特に双子間にテレパシーの可能性があるのは有名な話だ。


3. デジャヴ(既視感)

 一度も訪れたことのない場所なのに、なぜか無性に懐かしく感じたことはないだろうか。部屋の形や壁紙などにも見覚えがあったり...。この『デジャヴ』はよく知られた現象だが、その体験や場所を「よく知っている」ような感覚だけでなく、「いつ、どこでのことか思い出せない」という違和感が伴う場合が多いようである。過去に同様の夢を見たことが原因とも言われるが、多くの場合は、過去に実際に体験したという感覚があり、夢や単なる物忘れとは異なるものである。


4. 予知夢を見る

 我々は夢の中で様々な人や物事と遭遇する。だがもしも自分自身や友人、家族、または世界の出来事の夢を見て、実際にその後同じことが起きたとしたら!? 予知夢は、通常の夢とは少し違うといわれている。もっと明快かつ鮮明で、強いメッセージ性で訴えかけてくるものらしい。もしもそんな夢を見た時は、起きた瞬間に内容を書き留めておくことだ。夢は非常に忘れやすいものであるし、貴方が予知能力を持つ証明にもなるからである。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング