キレやすい? 柳葉敏郎がブチ切れた共演NGのタレントたち

tocana / 2014年8月5日 9時0分

写真

 基本的には陽気な性格らしいが、仕事に対しては真面目な柳葉敏郎。

『欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子』(フジテレビ系)のオーディションに関するとある秘密を何十年と守ったことで、萩本欽一が「スタッフとの約束を守り、僕に真相を言わなかった。本当に男らしい」と評したのは有名な話だ。

 また、俳優業のスイッチが入れば、NGを出さないように最大限の努力をする面でも評価が高い。

 それだけに、演技に対するこだわりも強く、不仲を噂されるタレントも多い。最も有名なのは、織田裕二との確執だろう。

「『踊る大捜査線』の撮影が始まった当初、織田さんが、柳葉さんの演技を見て、『ちょっと違う気がしますね』と言ったんです。織田さんは、深く考えず、ついぽろっと口から出てしまったので、覚えていないそうなんですけど、柳葉さんは気にしてしまい、そこから、二人は話さなくなったそう。映画のファイナルでは、柳葉さんがそのことを織田さんに話し、織田さんが謝罪したことで和解したと言われていますが、あくまで表向きであり、裏では確執が続いていると聞いてます」(業界関係者)

 また、千原ジュニアも柳葉に激怒されたと『千原ジュニアのRPM GO!GO!』(ニッポン放送)にて明かしている。それは、映画『RUSH!』に出演時のこと。ジュニアは監督から、一発目の演技が良いから、テストでは本番と違う演技をして欲しいと言われていたという。そのため、指示に従ったのだが、テストと本番で違う演技を延々と繰り返していると、共演者である柳葉に「ちゃんとやれよ! テストと全然違うじゃねぇかよ」と激怒されたというのだ。当然の柳葉の怒りに、監督も委縮してしまったようで、ジュニアのフォローには来なかったという。

 さらに、『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、大物女優に共演NGを出していると自ら語った。

 ドラマの撮影で山奥まで行った時、気を使う柳葉は、その女優が目が悪いのを慮り、大きな石などをどけていたという。すると、その女優に「男の癖に小さい事にこだわるな」と言われてしまったそうだ。また、その女優は同じシーンで2~3回とNGを出したが「や~ん、ごめ~ん」と軽く謝ったことに柳葉は憤慨。その後、柳葉は違う作品で共演する際に「なるべく同じ(一緒に撮影する)シーンは作らないでくれ!!」と制作側に伝えたという。

 一見温厚に見える柳葉だが、知人の結婚式で、下品な祝辞を延々と述べるプロレスラーの三沢光晴にケンカを吹っ掛けたこともあるなど、気性は少々荒いことで知られている。現在、柳葉が主演の『あすなろ三三七拍子』(フジテレビ系)には、多くの若手タレントが出演中だ。柳葉の逆鱗に触れるタレントがいなければいいのだが...。
(TV Journal編集部)

tocana

トピックスRSS

ランキング