イギリスでも鶏肉がアブない! 鶏肉加工現場のおぞましい実態とは?

tocana / 2014年8月7日 20時0分

写真

 つい先日、中国大手の食肉加工会社で常習的に期限切れの鶏肉が加工され、それが日本のコンビニエンスストアやファストフード店にも流通していたというニュースが流れ、私達に大きな衝撃を与えた。しかしその熱も冷めやらぬうちに、今度はイギリスで鶏肉に関するおぞましい事実が発覚した。7月25日付の「The Guardian」は次のように報じている。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/08/post_4585.html】


■告発、抜き打ち検査、非を認めぬ業者との戦い

"鶏肉加工の工場が、英国食品基準庁(FSA)と食品販売チェーン大手の「TESCO」によって抜き打ち検査を受けていた"という見出しに続き、関係者がその作業工程や環境の劣悪さの証拠となる映像や写真とともに暴露した。しかし、業者側はその全てを否定しているようだ。

 先月中旬、TESCOの監査役が早朝4時30分に、「2シスターズ」という会社が所有するウェールズ地方のスランゲヴニにある鶏肉加工場に事前の告知をせず訪問、検査を実施した。この業者は、イギリス国内の大手スーパーやファストフード店に鶏肉を提供している。では一体なぜ、この様な抜き打ち検査が行われる事になったのだろうか?


■映像に見る、鶏肉加工のおぞましい真実!

 それには、イギリスでは年間を通して、多くの人が食中毒に感染しているという背景がある。

 その多くは鶏肉が原因であること、そしてこの10年間で状況はさらに悪化していると、映像は伝えている。なぜ、ここまで多くの人が感染するのかを突き止めるべく、告発者の情報とともに「The Guardian」が5カ月にわたる潜入取材を行った。

 工場内を映し出した映像には6月19日~30日までの日付が見られることから、つい最近までこの信じられないような状況が実際にあったのだという事が分かる。

 イギリスでは、食肉産業の職に就くのはとても簡単で、パスポートなどの身分証明書を持参し、工場が身元の確認を済ませたらすぐに働くことができるようだ。工場内では衛生面のほか、厳しい規則があると言われているようだが実際見てみると鳥の内臓を運ぶはずのパイプが詰まり、そのまま内臓が溢れて床にこぼれていく。そして、掃除されるでもなく放置された様子や、鶏の排泄物が付着し、細菌の温床となる羽も山積みになっているのを見ることができる。

 さらに映像には2人の内部告発者も登場し、「不衛生な床に落ちた鶏肉をそのまま生産ラインに戻すのは日常だ」と顔を隠さずに証言している。ナレーションでは、この汚染された工場からイギリス国内の大手スーパーマーケットや日本でもお馴染みの「KFC」へ鶏肉が提供されると言っているが、政府はあくまでも国民に対しその状況を認めたり公表するつもりはないようである。

tocana

トピックスRSS

ランキング