“中の人“がいるとしか思えない!? 住宅街をフラフラ徘徊する直立歩行のクマ!!

tocana / 2014年8月11日 11時0分

写真

 あまりにも自然に歩くその姿は、中に人間が入っているのではないかと疑いたくなるほどだ! 米国の住宅街を、まるで人間のようにフラフラと直立歩行するクマの姿が激写され、大きな話題となっている。

【動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/08/post_4599.html】

 今月7日、「ABC News」を始めとする欧米の複数メディアが報じたところによると、動画を撮影したのは、米ニュージャージー州オークリッジ郊外に住む、イアン・ボーマンさんだ。

 今月4日の午前5時45分ごろ、いつものように家を出たボーマンさん。すると目の前に、付近を徘徊する黒い影が現れた。何とそれは、直立歩行するクマ。彼はすぐに携帯電話を取り出し、その様子を動画に収めたのだった。

 まるで酔っぱらいのように、えっちらおっちら......。ちらりとゴミ箱の中を確認するものの、クマは何も取らずにそのまま林の中へ消えて行った。

 ボーマンさんがこの1分38秒の動画をYouTube上に投稿すると、瞬く間に大反響を呼んだ。動画を見た人々の反応は、「まるで人間のようになりたがっているみたいだね」と驚いたり、「ちょっとした悪夢の光景だ」と怖がるなど様々なようだ。さらに、「2週間前に自分も目撃したけど、面白い歩き方で笑いが止まらなかったよー!」と、付近で同様の光景を目にしたとの情報も寄せられているようだ。

 ボーマンさんによると、クマは近くで人間が撮影していることなど気にもかけない様子で、少しも怯えていなかったと明かす。また彼は、

「クマの上半身は本当に痩せているようでした。左手がだらりとしていたので、そこをケガしているのでは?」

と、このクマは前足を怪我しているために、このように歩くことしかできなかったのではないかと考えているようだが、真相はクマに聞いてみないと分からない。

 いずれにしても、人間とクマの双方にとって不幸な事態が起きなければよいのだが......。

tocana

トピックスRSS

ランキング