有村架純の新髪型は不評!? 髪型の変化で世間を驚かした芸能人たち!

tocana / 2014年8月18日 8時30分

写真

 女優の有村架純がトレードマークのロングヘアをバッサリ切ったことが話題となっている。

 出演する映画『ストロボ・エッジ』の役作りのために髪を20センチカットし、ショートボブのヘアスタイルになった。ファンの反応はさまざまだが「イメージが変わってしまった」「(しっかりとした骨格の)輪郭が強調されてしまった」と否定的な声も多い。

 これまで唐突な髪型の変化でインパクトを与えてきた芸能人は数多い。

 2005年には大相撲の現役を引退した貴乃花光司がパーマを当てたことが話題となった。もじゃもじゃとしたパーマは、トシちゃんをはじめとする80年代の男性アイドルを彷彿とさせた。不評だったのか、まもなく断髪している。

 貴乃花は、父親の死を受けて、実兄である若乃花とのこれまでの確執が表面化し、連日のようにワイドショーに出演していた。デーブ・スペクターが開口一番「髪切ってよかったですね」と言ったことは鋭いツッコミとして特筆すべきだろう。

 有村のように髪を切るだけでなく、伸ばすことで騒がれた芸能人もいる。

ダウンタウンの浜田雅功は1995年頃から髪を伸ばし始めた。『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(フジテレビ系列)では、ミュージシャンたちから「似合わない」と総スカンであった。髪を伸ばしていたのは翌96年4月からオンエアされる時代劇コメディドラマ『龍馬におまかせ!』(日本テレビ系列)において、カツラを使わず地毛で出演するためのであった。

 ちなみに、浜田は95年末に長髪姿でH Jungle with tとして紅白歌合戦に初出場している。

 芸能人ではないが、2005年にマンションの耐震偽装問題が発覚した時、渦中の建築士がカツラではないかと騒がれた。建築士は逮捕時にスキンヘッドで現れ、その変わり様は大きな衝撃を与えた。

 人は見た目が重要といわれるが、中でも髪型は大きな要素となるのだろう。また、昔から髪の毛には霊力が宿るとされているため、場合によってはその人の運命を変えてしまうこともあるほどだといわれている。芸能人にとって、髪型を変えることは、想像以上に重要だろう。能念玲奈や篠田麻里子など、髪を切ってより人気が出たタレントもいるが、さて有村架純はどうなるだろうか? 
(文=平田宏利)

tocana

トピックスRSS

ランキング