【シリア】 生首を誇らしげに持つ白人少年 ― ISILに所属する父親の危険な教育 〜テロリストの誕生〜

tocana / 2014年8月20日 7時30分

写真

 6月末にイスラム過激派がイスラム国家の樹立を一方的に宣言し、インターネットを通じて拡散された過激派テロリストの残虐行為の数々を目にした方も多いだろう。また、最近では日本人が拘束されたことでも話題になっている。

 そんな中、8月10日の「Daily Mail」には実にショッキングな写真がウェブ上で掲載されている。

【画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/08/post_4673.html】


■敵兵の生首を誇らしげに掲げる少年

 両手で何かを持ち上げて得意気にポーズをとる少年。この写真を一見しただけでは、まるで魚釣りに出かけた子供が釣れた獲物を見せているようだ。しかし、この少年の持っているのは本物の人間の生首なのだ。

 この7歳になる少年はハレド・シャルーフ氏の息子である。父親のシャルーフ氏はオーストラリア生まれで、アルカイダ分派の「イラク・レバントのイスラム国(Islamic State of Iraq and the Levant、略称ISIL)」に属しているテロリストである。彼は8月8日のツイッターにこの写真を投稿して「これがオレの息子だ!」と自慢し、世界中の非難の対象となった。

 オーストラリアの全国紙である「The Australian」によれば、この世界中を驚愕させた写真は北シリアの都市ラッカで撮影された物だという。写真では敵の生首が並んでいるフェンスの前で、少年は切断された首を持ちにくそうに掲げている。青いTシャツ、チェックの半ズボン、サンダルに野球帽をかぶり、少年は戦闘地域に居るというよりも、休暇旅行中のようにも見える。「Daily Mail」 の記事は、イスラム教テロリストが撮った恐ろしい写真は多いが、この写真は間違いなくその中で最悪であると断じている。

 メディアは少年の家族のコメントを掲載した。この少年の叔父ムスタファ・シャルーフ氏は、「オーストラリア人はこの写真の事を忘れるべきだ」と述べ、「この子は既に居ない。忘れてくれ。これよりもっとひどいものが他にもあるじゃないか」と世間の関心を反らすかのように「Sydney Morning Herald」のインタビューに答えた。
 
 ちなみに、シャルーフ氏は、自分自身が兵士の生首を持つ写真も「何て首だ!」というタイトルを付けてアップロードており、別の写真ではシャルーフ氏は彼の3人の幼い息子達と同じ軍服を着て、マシンガンを持っている。

tocana

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング