女性アスリートは性欲が強い? 橋本聖子議員“キス騒動“!

tocana / 2014年8月26日 8時30分

写真

 スピードスケートのオリンピック代表として活躍した橋本聖子参議院議員に逆セクハラ疑惑が浮上し、波紋を呼んでいる。『週刊文春』の報道によれば、今年2月のソチ五輪閉会後の打ち上げ会場おいて、酒に酔った橋本議員が、フィギュアスケート代表であった高橋大輔選手にキスを迫ったというもの。橋本議員は選手一人一人を抱擁していたが、高橋大輔にはキスを強要したという。

 俗な見方をすれば、年下の美少年選手に、"オバハン"の先輩が、「先輩の言うことは絶対」の体育会系精神でセクハラとパワハラを強要という形に見えなくもない。

「橋本議員に当てはまるかはわかりませんが、女性のアスリートというのは闘争本能が強いので、性欲も強い人物が多い。過去にはバレーボール日本代表も務めた大友愛が風呂場で開脚をしている写真が流出しました。元恋人が流出させたとも言われています。さらにはオリンピックのモーグル代表であった里谷多英も、六本木のクラブで暴行事件を起こしたとして書類送検されています。その場ではみだらな行為も行っていたと伝えられています」(週刊誌記者)

 飲み会で酔っ払って"キス魔"になる人間はいる。年端もいかない女性ならば、おちゃめな行為で許されるかもしれない。ただし、23日、橋本議員本人が「私の行動は甚だ軽率であったと深く反省しております」とコメントを出しているように、オリンピックの慰労会というオフィシャルな場において、現職の国会議員がする行為としてはハレンチで軽率と言わざるを得ないだろう。

 橋本議員は、9月に行われる安倍改造内閣での入閣が取りざたされていただけに思わぬ波紋を拡げそうだ。
(文=平田宏利)

tocana

トピックスRSS

ランキング