宇宙人の秘密基地が? 近くて未知なる「月」の謎に迫る!

tocana / 2014年9月4日 18時0分

写真

「月には宇宙人の基地がある」――米国議会でこのような議題が上がるほど、人類は月に対して強い興味を抱き続けてきた。はるか昔から、人は月に様々な思いをはせ、たくさんの物語も生まれた。そして衛星探査機が月面を探索している現代にあっても、月はいまだ私たちの心を捉えて放さない。

【画像はコチラ→http://tocana.jp/2014/09/post_4771.html】


■謎の構造物がグーグルアースで発見される

 そんな月の地表に、新たに構造物のような物体が発見され、「宇宙人の月面基地では?」と話題を集めている。ダウンロード版グーグルアースの月面座標「19°43'02.81"N 20°30'52.97"E」で、誰でもその構造物の姿を確認することができる。

 UFO研究家のスコット・ウェアリング氏によると、この画像から"構造物には直角の部分が8個あり、建物の下には巨大な地下空洞、そして周辺を囲む外壁までも備えている"ことが分かるという。

 現在、月面には数百万個のクレーターが確認されている。日本の月面探査機「かぐや」が世界初のハイビジョン撮影に成功し、画質も徐々に向上してはいるが、月面の詳細をはっきりと確認できる日はまだ遠い。そのため、今回の構造物においても様々な憶測が飛び交っている。しかしオカルトファンの間では、むしろ「ロマンがあっていい」と受け止められているそうだ。


■過酷な月面環境にあって、果たして基地として有効か

 先に述べた月面探査機「かぐや」は、2009年に世界初となる巨大な垂直の竪穴を発見した。月の地下空洞へと続く巨大な穴では、宇宙線やマイクロ隕石から身を守ることができ、昼夜の劇的な温度変化も生じにくいため、月に滞在する生命にとって地下シェルターや活動拠点とするのに適しているという。現在までに、数十メートルの深さがある竪穴が200ほど確認されている。

 今回発見された構造物が、ウェアリング氏の指摘通り巨大な地下空洞も備えているとすれば、「月面基地」として大変有効であることが想定される。では、ここを拠点とする宇宙人は果たしてどこにいるというのだろうか。


■以前に発見された謎の存在と関係が?

 今回の構造物が発見されるわずか数週間前、月面を歩く謎のヒューマノイド型ロボットのような存在が、やはりグーグルアース上で発見されて話題となった。

 地表面と比較・分析すると、人類よりもはるかに大きい姿であると考えられるため、後に「ルナ・ジャイアント」と命名された未知の存在。この「ルナ・ジャイント」、最初の目撃から約一週間後に、なんと600kmも離れた場所で再度発見され「移動しているロボット」ではないかとして話題を集めている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング