ジャニーズで一番肌が汚いのは●●だった! 画像修正で鼻の形まで...!

tocana / 2014年11月16日 8時0分

写真

 みなさんは、芸能人の写真と実物の本人を見た際、あまりにも違いすぎることに驚いたことはないだろうか? 今や芸能界では当たり前のように、メディアで掲載される写真の画像修整が行われている。だが、ことジャニーズ所属タレントに関してはそのチェックが尋常ではないほど厳しいという。ジャニーズはネット上でも画像規制が厳しく、ジャニーズタレントの画像の代わりに「人型で塗られた影」が表示されていることがあったのは、みなさんも周知の通りだろう。

 そんなジャニーズの話題を多く扱う某情報誌の編集部では、事務所からの過剰な画像修正依頼に困らされているという。

「(ジャニーズ)事務所の方から送られてくる写真からは、想像もつかないほど肌がキレイに見えるように画像を修正しています。そればかりか、『アゴのラインをもっとシャープにしてほしい』や『鼻の形を修正してくれ』など、複数の要望があることも。こんなに変えたら本人と全然違ってしまうのでは? と思う時もありますが、事務所の指示なので仕方ないです」(元・情報誌編集者)

 また、こんな意見も聞こえる。

「ジャニーズだけでなく、基本的に芸能人はドーランと呼ばれるファンデーションのようなものを肌に塗っています。でも、それだけではカバーできないほど、肌の状態が良くないタレントがジャニーズには多いです。ジャニーズタレントは、基本的に小・中学生のころから事務所に所属し、毎日稽古などに駆りだされる不規則な生活をしてきた人がほとんどです。そのため、その疲れや苦労が肌に出てしまうんですよ。これまで一番修正が多かったのは、Kです。ポスターなどでは、すごくキレイな肌にしてあるため、実物の本人を見るとそのギャップに驚く人もよくいますね」(雑誌記者)

 そんな中、逆に肌が一番キレイだったのは、今年の11月3日にCDデビュー15周年を迎えた嵐のメンバーである二宮和也だそう。

「二宮くんはすごくキレイでしたね。送られてきた写真を修正せず、そのまま載せてもいいくらい。あんなに美しいのは芸能人の中でも珍しいですよ」(同)

 画像修正の厳しさは、女性タレントにおいてはよく聞く話ではあるが、美しさを求められるジャニーズタレントたちにも、涙ぐましい努力があるようだ。

tocana

トピックスRSS

ランキング