【衝撃】「おならをチョコレートの香りにする薬」をフランス人発明家が開発!!

tocana / 2014年11月27日 17時0分

写真

 電車やエレベーターなどの密閉空間で、重厚な香りが漂ってくること、ありますよね。本人にとっては慣れたものなのかもしれませんが、強制的に嗅がされる側としては、決して気分の良いことではありません。それに、誰しも急な腹痛などで逆の立場となってしまう可能性を抱えています。

 しかし、この問題を画期的な(?)アプローチで見事に解決してしまう薬が発明されたようです。それはなんと、「おならをチョコレートの香りにしてしまう」薬! 今月26日の英紙「The Daily Mirror」などが報じています。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/11/post_5282.html】

 発明者はフランス人発明家のクリスティアン・ポアンシュヴァルさん(65)。この素晴らしいアイディアがひらめいたのは、友人たちと食事を楽しんでいた時のことだったそうです。

「素敵なディナーを楽しみましたが、私たちのおならは本当に臭くなってしまい、それはもう窒息しそうだったのです」
「これは歓迎されることではない、何とかしなければ」(ポアンシュヴァルさん)

 こうして彼は試行錯誤の末に、胃腸の消化を助け、おならの臭いを芳香へと変えてしまう前代未聞の薬を生み出しました。木炭やフェンネル、海藻、プロポリス、ブルーベリーなど、原料はすべて自然由来となっているのだとか。そして2006年、まずは第一弾としておならをバラやスミレの香りに変えてしまう薬が完成。そしてこの度、2014年のクリスマスに向けてチョコレートバージョンが開発されたというわけです。

「胃腸にガスがたまることに悩んでいる人や、ジョークとして友人に贈ろうとする人にもご購入いただいております」(ポアンシュヴァルさん)

 現在この怪しい薬は、1瓶9.99ユーロ(約1,400円)でポアンシュヴァルさんのウェブサイトから直接購入することができるようです。おそらくサプリメントのような位置付けなのかもしれませんが、入手・使用はくれぐれも自己責任で。

※画像は「YouTube」より

tocana

トピックスRSS

ランキング