【深海の謎】恐すぎる!! 「ブラック・シーデビル」の泳ぐ姿が初めて激写される

tocana / 2014年11月28日 7時0分

写真

 日本では古くから高級食材としてお馴染みの深海魚、アンコウ。骨以外は、全て無駄なく食べることができるとされる。しかし全300種ほどのうち、食用とされるのはわずか数種に過ぎず、その生態については、未だ謎に包まれた部分が多いようだ。

【動画は、コチラ→http://tocana.jp/2014/11/post_5274.html】

 今月初旬、そんなアンコウの中でも非常に珍しいとされる「クロアンコウ(別名:ブラック・シーデビル、黒い海の悪魔)」の泳ぐ様子を、世界で初めて捉えた映像が公開され話題となっている。複数の海外メディアが報じたところによると、このたび撮影に成功したのは、米カリフォルニア州にあるモントレーベイ水族館研究所の深海探査ロボット。同州モントレー沖、水深600mでのことだった。研究チームは、「これは特に珍しい発見で、今後の研究に役立つだろう」と、興奮気味だ。

 真っ暗な深海をゆっくりと漂う(沈んでゆく)クロアンコウ。泳ぎが下手なアンコウは、その代わりに、頭部に獲物をおびき寄せるための突起を発達させたという。映像からは、その突起が怪しく光る様子を確かに確認できる。また、表情は「海の悪魔」の名にふさわしくモンスター級だ。動画の解説によると、今回のクロアンコウは雌だった模様。そもそも雄のアンコウは突起を持たず、体長も小さいらしい。

 現在、探査ロボットに捕獲されたクロアンコウは、深海の環境を再現したタンク内で管理されているものの、それほど長く生きることはできないと考えられるという。日本はそろそろアンコウ鍋が美味しい季節に突入するが、彼らの不思議な生態に思いを馳せながら味わうというのも、また一興かもしれない。

※画像は、YouTubeより

tocana

トピックスRSS

ランキング