実はドM? 北川景子と熱愛のDAIGO バッシングが起きない意外な理由とは?

tocana / 2014年11月28日 8時30分

写真

 26日、女優・北川景子との熱愛が発覚した歌手でタレントのDAIGO。2人は2011年のドラマで共演し、今年1月に放送されたバラエティー番組で再会。意気投合し、女優の貫地谷しほりが仲介役となり、3月ごろから交際に発展したと伝えられている。

 驚くべきことに、毎回"荒れる"傾向にある北川景子の毎度の熱愛報道にもかかわらず、今回に限って「DAIGOならいいか」「祝福できる」「はやく結婚しろ」など2人を祝福する声が多いのはなぜなのか?

「DAIGOさんの人柄と家柄が影響していると思います。『サンケイスポーツ』にも交際報道の一面にDAIGOさんの家系図が掲載されていたように、第74代内閣総理大臣の竹下登の孫という高貴な血統の生まれです。また、『DAIGOは絶対に人の悪口を言わない』と言われるほど、人柄もよい。どんなに馬鹿げたことを言っても、家柄がよいから許されるうえに、性格がよく、程よく変人で、ルックスもいい。実は最強なんですよ」(事情通)

 とはいえ、最近はテレビで見る機会も減ってきたように思われるが...。

「実は、政治家たちが彼の政界進出を待ち望んでいるという噂もあるくらいなので、芸能界でのポジションを失ったところで彼には進む道が残されている可能性があるんです」

 しかし、DAIGOは政界進出を否定している。

「確かに否定していますが、彼を高く評価している永田町メンバーはいます。なんでも、『自分の足元がすくわれるようなことは言わず、かつ他人をけなさず、ネガティブ発言をせず、それでいて好感を持たれて、そこそこ面白い』こうした、DAIGOの高度なトーク術が高く評価されているそうなんです。DAIGOさんはそれを天然でやっているのかもしれませんが、だとしたら、この機転の利かせ方は天性の政治家向きだといえるでしょう。極めつきに、元・総理大臣の孫というサラブレッド。逸材としかいいようがありませんよ」(同)

 確かに、テレビでも独特の空気を放ち、なんとも不思議な立ち位置にいるDAIGO。今回の北川景子との熱愛報道で不思議なほどにネガティブな意見が出てこないのには、DAIGOの天性の政治家気質が影響しているのかもしれない。

 一方の北川景子も、自身のブログで綴られる「謎の長文」からにじみ出ているように、奔放な恋愛報道とは裏腹に、文才も想像力も豊かで、意外と真面目な一面も兼ね備えている。

 かねてからテレビ番組で「ドM」発言をしてきたDAIGOだが、程よく奔放で「S」っ気のある美貌を兼ね備えた北川景子は思いのほか相性がよいのではないのだろうか? 北川景子の"ドS美女"ファーストレディ姿も案外アリかもしれない。

tocana

トピックスRSS

ランキング