ドラマ「ディア・シスター」に幽霊が映っている!? ネットで話題の「石原さとみを触る幽霊の手」

tocana / 2014年11月29日 12時0分

写真

 女優・石原さとみと松下奈緒を起用したドラマ『ディア・シスター』(フジテレビ系)。真面目で不器用な姉を松下が演じ、天真爛漫な妹役の石原に振り回されつつ、それぞれに足りないところを補い、お互いが支え合っていく姉妹の姿が描かれたラブコメディーだ。

 第7話が終了した11月28日時点では、視聴率が約11%。少々物足りないように思えるが、web上では、石原が便座の上で妊娠検査薬を使用する刺激的な姿や胸の谷間を泡風呂入浴シーンで披露するなどして、数字以上の注目度を見せている。

 だが、石原のお色気シーン以上に注目すべき点があると話題となっているのが、11月20日に放送された第6話である。この回では、石原が友人ら5人とともに熱海温泉に出かけている。みんなが寝静まった夜更けに石原は一人露天風呂に向かったのだが、そこにはすでに同行していた男性の友人が入っていたのだ。

 これが現実で起ころうものならば、女性からセクハラと叫ばれること間違いなしだが、そこはドラマのお約束。紆余曲折し、結局ふたりで湯船に浸かってしまう。石原と男性との混浴というシチュエーションが、またしてもネットユーザーたちを歓喜の渦に巻き込んだ。だが、このシーンではそれ以上に注目すべきところがある。なんと、彼女のふとももの横に"男性の手"だと思われるモノが写り込んでいるように見えるのだ。

 こちらに気づいたネットユーザーたちはにわかに色めき立ち、「ホントだぁ!」「第三者の手が映っているね」「石原さとみの足、掴んでいる」など、心霊現象が発生したのではないかという憶測が飛び交った。この心霊説に呼応するかのように、「窓の外の方が気になる...。人影が動いて消える」と、手のほかにもさらに霊がいるのではないかという疑惑さえも浮上している。だが、中には「水中で屈折している石原の手だ」「水に写っているだけ、なんでも心霊のせいにするな」という冷静な意見も散見されたが、未だ真実は闇の中だ。

 Tocana編集部では、件の事件について、近くホンモノの霊能力者による検証記事を掲載する予定だ。キュートでセクシーな演技を見せる石原は、今まさに乗りに乗っている女優の1人だが、彼女の魅力が霊界にまで届き、霊を呼び寄せたという可能性も捨てきれないだろう。続報を待て!
(文=ブレンディ佐藤)

tocana

トピックスRSS

ランキング