北川景子だけではない...! 大物女優たちの絶えない喫煙報道!!

tocana / 2014年12月5日 17時55分

写真

「週刊新潮12月11日号」(新潮社)で、芸能界を代表する美人女優である北川景子の素顔が明らかになった。記事によると、熱愛が発覚したDAIGOの健康志向とは対照的に、「毎日大体3箱は空にしてしまう」ほどのヘビー・スモーカーであり、仕事現場は常に吸い殻であふれているのだという。

 ところが、この記事が話題になったためだろうか。12月4日、北川が所属するスターダストプロモーションが、彼女の公式サイトにて「以前より北川の喫煙報道がありますが、北川に喫煙の事実はありません」ときっぱり否定した。

 北川が喫煙者だという事実は今に始まった話ではない。2010年に放送されたドラマ『ムーンラバー 月の恋人』(フジテレビ系)のロケ地である中国の記者によって、上海の空港で煙草を吸い続けていた北川の姿が暴露されている。あれから4年。北川は衰えぬ美貌とは裏腹に、着々と喫煙年数を重ねていたはずだ。なぜ、今になって事務所は否定を始めたのだろうか?

「北川は8月に出版した『27』(SDP)の発売記念イベントにて、恋人の存在を聞かれた際に『27年間なかったから、欲しいです~。37歳の頃には、1人くらい出会っていたいです』と話し、『特別な人、お待ちしています!」と満面の笑みでアピールするなど、純潔さをアピールする発言もしています。今まで元NEWSの山下智久、俳優・木村了、向井理、はては嵐の松本潤などとスキャンダルを起こしているのは周知の事実なのにもかかわらず、このコメントには取材陣から失笑がこぼれました。この急な処女アピールは、これも事務所が北川を清純派女優として売りたいという意向があるためです。今回の喫煙事情に噛み付いたのも、清純イメージを壊さないためだと思いますが、『白々しい』という声が多いですね」(週刊誌記者)

 北川の処女宣言とも取れるこの報道が出た際にネット上でも信じるものは少なく、突然の路線変更に戸惑うものが続出していた。

「北川は以前から大好物は焼肉で、週1ペースで食べ、また収録後の打ち上げでも日本酒からワインまでいける酒豪ぶりを発揮していることで知られていました。さらには、共演者からドMと指摘されても『ウへヘ......嬉しい』と語るなどあけすけな性格が魅力とされ『残念な美人』としても周知されています。ですが、『残念』とはいうものの北川の場合は、整った顔立ちとこの性格が絶妙のギャップを生み出しており、人気につながっていた面もありました。今更ファンは喫煙の事実があっても気にしないでしょう」(前出・同)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング