「35年前火星で人間を見ました。何人も目撃している」NASAの元職員が証言!

tocana / 2014年12月17日 7時0分

写真

 「ジャッキー」と名乗るNASAの元女性職員が「35年前、私は火星で人間を見ました」と衝撃的な証言をしたと海外の複数メディアが伝えた。NASAで火星探査機「ヴァイキング」から遠隔通信で地球に送られてくるデータの監視に従事していたジャッキー氏は、ヴァイキングから中継された画像に人間が写っていたのを目撃したのだという。

 人類未到の地と言われ現在でも火星上陸に向けて様々な研究が進む中、35年も前に人間がすでに上陸していたとすればその方法と目的はいったい何だったのであろうか。


その他の画像は、コチラ→http://tocana.jp/2014/12/post_5386.html

■火星に人間が? 途切れた探査機からの中継

 かつてNASAで火星探査機「ヴァイキング」から遠隔通信で送信されてくるデータを管理していたというジャッキー氏は、米国のラジオ番組「Coast to Coast AM」に出演し、そこで35年前に火星から中継で送られてきた画像に2人の人間の姿を目撃したと語った。同氏によると写、っていた人間は当時のNASAの宇宙服とは違い、化学防護服のようなものを着用していたという。

 またジャッキー氏以外にも6人もの職員がヴァイキングの中継に写っていた人間を目撃しているという。あまりの事態に驚きを隠せずに画面を見つめていると中継がいきなり途絶え、ジャッキー氏は部屋を出て上司にトラブル報告すると、先ほどまでいた部屋には鍵がかかっており、中に入ることができなくなっていたそうだ。そのため「火星にいた2人の人間がその後どうなったかは確認することができなかった」と語った。

 地球から遠く離れた火星に"人間"がいたのならばNASAに知られずどのように上陸したのだろうか? またなぜ中継が途切れた後、部屋に鍵がかかったのか。真実は謎に包まれたままである。


■「ペガサス計画」で火星に行っていた?

 しかしジャッキー氏が火星で人間を目撃した35年前よりもっと昔に「人類はテレポーテーションを利用して火星に行っていた」という驚くべき証言もある。そう告白したのは先日トカナで掲載した記事でも紹介した弁護士"アンドリュー・バシアゴ氏"と、かの有名なアメリカ合衆国第34代大統領・アイゼンハワー大統領の孫娘である"ローラ・アイゼンハワー氏"である。2人はなんと米国CIA(中央情報局)とDARPA(国防高等研究計画局)の極秘プロジェクト「ペガサス計画」に参加し、テレポーテーションやタイムトラベルを経験した、という衝撃的なものだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング