奥菜恵、年下イケメン俳優との恋愛はうまくいく!? 心理学者の意外な分析結果

tocana / 2014年12月22日 8時0分

写真

 女優・奥菜恵(35)が2009年にデキちゃった再婚した一般人男性と現在、離婚調停中だという。雑誌「FRIDAY」(2014年12/26号)では、既に3年前から夫婦別居状態にあり、現在は元ジュノンボーイの年下俳優・木村了(26)と熱愛中だと報じている。もし今回の離婚が成立すれば、バツ2となる奥菜だが、ネット上では「結婚に向いてない」「人格に問題がありそう」など情け容赦ない意見がワンサカ。とはいえ本当に、奥菜は結婚に向いていない性格なのだろうか? 離婚を繰り返す女性の心理について、心理学者に話を伺った。

「まず前提として、夫婦が離婚することは異常ではありません。現代では2度目、3度目の結婚で幸せになることは当たり前なのですから。ただ、中には"離婚をしやすいタイプの人"がいることは事実です。それは一目ぼれを頻繁に起こしてしまう"惚れっぽい人"のことで、熱しやすく冷めやすいタイプの人は、感情のコントロールに注意しなくてはなりません」(心理学者/富田 隆)

 ちなみに惚れっぽい人に限らず、どんな男女でも性的な面で物足りなさを感じることはあるようだ。一般的に、パートナーに対して、男性なら3カ月、女性ならば3~4年で飽きてしまうという。結婚すると恋仲ではなく家族になるため、異性として見ることができないという意見をよく耳にするのもこのためである。

では、夫婦生活を長く続ける秘策はないのだろうか?

「"人間は同じ相手に何度も惚れ直すことができる"このことが重要。例えば、マンネリ夫婦には旅が有効で、環境やシチュエーションが変わると、これまで気がつかなかった魅力に惚れ直すのです。それ以外にも、ファッションを変えたり、夫婦共通の趣味を見つけるなど、お互いが飽きないように工夫をすることが夫婦円満の秘訣ですね」

 また、奥菜と9歳年下の彼氏である木村について、交際や3度目となる結婚はうまくいくか伺った。

「問題ないと思いますよ。イギリスの夫婦には姉さん女房の奥さんが大勢いて、しかも夫婦仲はうまくいっています。今は昔よりも化粧品やスポーツが充実しているから、若々しさを維持することは難しくないですよね。だから年の差なんて関係ないのです」(同)

 離婚は昔のように悪いものでなく、むしろ経験を経たことは魅力に繋がるとされる。2度の離婚を重ねた奥菜の恋は今度こそ成就するかもしれない!

※画像は「奥菜恵 公式サイト」より

tocana

トピックスRSS

ランキング