マリリン・モンロー? それともアインシュタイン? あなたの視力が分かる不思議な画像

TOCANA / 2015年4月7日 11時0分

写真

 現在、世界中のインターネットユーザーたちの間で、1枚の画像が話題となっている。まずは、問題の画像を確認してほしい。

 あなたは、この画像にどんな著名人の姿が見えただろうか。もしも現代物理学の父、アルベルト・アインシュタインが見えたならば、あなたの視力に問題はない。しかし伝説のハリウッド女優、マリリン・モンローが見えてしまったら――視力が悪い可能性があるのだとか。

 これは米・マサチューセッツ工科大学(MIT)のオード・オリーヴァ博士らのグループが、10年以上にわたる研究の末に作り上げた「ハイブリッド・イメージ」と呼ばれる画像。その名の通り、ぼやけた(空間周波数が低い)マリリン・モンローの写真と、くっきりした(空間周波数が高い)アインシュタインの画像を合成したものだ。

【動画はこちらから→http://tocana.jp/2015/04/post_6144.html】

 解説動画をご覧いただくと分かる通り、たとえ視力が良い人でも、画像が小さいとマリリン・モンローの姿が見えてしまう。これは対象から遠ざかるほど、細部を視認することができなくなってしまうから。つまり、画像が十分な大きさであるにもかかわらず(画像に接近しても)マリリン・モンローが見えてしまう人の目は、対象の細部を視認する能力が不足している、すなわち視力が悪いことを意味しているというわけだ。

 また、このような見え方の違いには、あなたの視力のみならず脳の認識機能も密接に関係しているようだ。画像がハッキリ見える時、脳は細部の情報を集めてアインシュタインであると認識するが、ぼやけている時は、大まかな全体像を把握することでマリリン・モンローであると認識している模様。

 何度見ても微笑むマリリン・モンローの顔しか浮かんでこないという人は、眼科で正確な視力を測った方がいいかも?


※画像は「YouTube」より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング