水卜麻美アナの熱愛は珍しいケース? 女子アナの結婚相手の傾向

tocana / 2015年7月14日 7時0分

写真

 日本テレビの人気アナウンサー水卜麻美と、関ジャニ∞の横山裕の、ツーショット密会が報じられ話題となっている。ふたりは『ヒルナンデス』(日本テレビ系)で共演しており、番組内でも仲睦まじい姿が映し出されていた。

 ジャニーズと女子アナといえば、2005年に当時フジテレビアナウンサーだった菊間千乃が、未成年であったNEWSの内博貴と飲酒をして問題となった事件が思い出されるくらいである。

「女子アナは激務ですから、どうしても出会いの場は少ない。そのため、自ずと相手が同僚スタッフや仕事で知り合ったタレント、あるいはプロ野球選手といったものに限られてしまいます。ですが、水卜と横山は共演者同士とはいえ、ジャニーズタレントと女子アナの取り合わせは珍しいですね」(業界関係者)

 女子アナの結婚相手の代表格といえばプロ野球選手だろう。イチロー(オリックス・以下所属球団は結婚時)と福島弓子(TBS・以下所属会社は結婚時)、高橋由伸(巨人)と小野寺麻衣(日本テレビ)、松坂大輔(西武)と柴田倫世(日本テレビ)、元木大介(巨人)と大神いずみ(日本テレビ)、城石憲之(ヤクルト)と大橋未歩(テレビ東京)、石井一久(ヤクルト)と木佐彩子(フジテレビ)など多くのカップルが誕生している。

「イチロー夫人の福島弓子や、松坂夫人の柴田倫世は英語に堪能だったのでメジャー渡米時の通訳係としても活躍したと言われています。女子アナはプロ野球の中でもメジャーな選手と結婚する例が多いのも特徴ですね」(前出・同)

 プロ野球選手に次いで多いのが、芸能人と女子アナの取り合わせだろう。中でもお笑い芸人は人気だ。ウッチャンナンチャンの内村光良と徳永有美(テレビ朝日)、ナインティナイン・矢部浩之と青木裕子(TBS)、現在進行形では、バナナマン・日村勇紀と神田愛花(元NHK・現フリー)などが知られる。ダウンタウン・松本人志と結婚した伊原凛もお天気キャスターを務めており、女子アナに含めてもいいだろう。

「結婚には至りませんでしたがキャイ~ンの天野ひろゆきは、フジテレビに勤務していた大坪千夏と交際していました。後に破局していますが、その後、天野はフリーアナウンサーの荒井千里と結婚しています。天野はかねてから女子アナ好きを公言していましたから、夢を叶えた形です」(前出・同)

 プロ野球や芸能人の影に隠れているが、意外に多いのが同僚との結婚だ。生野陽子(フジテレビ)は同僚アナである中村光宏と2014年に結婚している。同じくフジテレビでは梅津弥英子や平井理央が同僚のディレクターと結婚している。

「ディレクターは会社員なので地味に見えるかもしれませんが、キー局のテレビ局正社員ならば、年収1500万以上は固い。ある意味、タレントやプロ野球選手よりも安定しているとも言えます。女子アナのフリー転身後には、仕事のコネクションにも使えますしね」(前出・同)

 いずれにせよ、女子アナの結婚相手は年収や知名度からすれば勝ち組と呼ばれる人たちばかり。倍率数千倍ともいわれる、狭き門を突破し、女子アナになれば玉の輿も夢ではないのだ。
(文=平田宏利)


※画像は、『Hanako 2015年2月26日号』(マガジンハウス)

tocana

トピックスRSS

ランキング