女芸人のラジオ番組が“過激過ぎる“と話題! 「下ネタ」「芸能界の淫靡な裏側」を大暴露!?

TOCANA / 2015年9月4日 9時0分

写真

「ロリィタ族。の元カレ全員あるある」(ラジオ日本)が"過激すぎる"と話題だ。タイトルの通り、あらゆるタイプの芸人と付き合ってきたロリィタ族。が恋愛ネタ、性的なネタをあけすけに取り上げている。8月の1カ月間限定放送であり、4回目の放送となる、8月24日の回では、"売れた元カレ芸人代表"として、アルコ&ピースの酒井健太に生電話をかけている。

 ロリィタ族。は1986年生まれの29歳。フリーを経てサンミュージックに所属する。若いながらも芸歴10年を数え、ZOXY DOLL(ゾクシードール)の芸名で『エンタの神様』(日本テレビ系)に出演していたことでも知られる。もともと、さまざまな媒体で、「酔うと性交がしたくなる」「陰部にピアスをつけていたら......」など、過激な下ネタを披露していた。

「彼女は、ここ最近は、JITTERIN'JINNの楽曲『プレゼント』に乗せて、元カレ芸人のあるあるを暴露するネタをはじめています。"ぶっちゃけキャラ"が面白がられてのラジオ起用だったのでしょう。芸人ラジオでは毒舌や暴露ネタは歓迎される傾向にあるので、ぴったりのキャスティングですね」(放送作家)

 番組の暴走っぷりは、ロリィタ族。本人とも親交がある伊集院光も絶賛する。放送中の過激な発言を受け「そんなトークある?」と呆れ気味ながらもエールを送る。

 ロリィタ族。は第1回放送から「私は死ぬほどモテる。芸人仲間や業界人から口説かれまくり」と自画自賛し、不細工なフリーディレクターにホテルに誘われたが、1時間半のすったもんだの末、断った話を披露。さらに「フリーのディレクターに抱かれたところで何も無いの知ってるし」と業界の裏側まで暴露している。

 ほかにも、放送中に披露された下ネタは

「ラブホテルは"これからエロいこと感"が満載なのであまり利用しない。むしろビジネスホテルを使う。(声を出しすぎて)"壁ドン"されたことがある」

「後輩芸人と終電を逃したら"ホテル代出してくれるなら行きます"と言われ激怒した」

 など具体例にあふれている。

「もちろん言える範囲なのでしょうが、付き合っていた芸人の事務所名が、太田プロ、ケイダッシュ、サンミュージックと具体的に出ているのも魅力ですね。聴く側としては、ゴシップ的な興味も満たされますし、何より想像力を喚起させられます。さらに芸人と付き合っていた女性リスナーからのメールも読み上げられ、男性だけでなく女性リスナーを獲得しているのも強みですね」(前出・同)

 番組のキャッチコピーには「ロリィタ族。と付き合った男性は覚悟して聴いて下さい」とある。「ロリィタ族。の元カレ全員芸人あるある」は、ラジオ日本での放送は終了したが、現在はポッドキャストでネット配信されている。元カレ芸人はヒヤヒヤものだろうが、女芸人ラジオの新境地を切り開いた"爆弾ラジオ"の出現を歓迎しつつ、今後の復活を期待したい。
(文=平田宏利)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング