【緊急警告】12月23日に大地震発生で日本列島分断か? 今年最後の「魔の水曜日」に備えよ!!

tocana / 2015年12月22日 8時0分

写真

 現在、「12月23日に日本で大地震が起きる」という噂がネット上で拡散している。カレンダーを見ると、問題の日は今週水曜日、天皇誕生日となっており、筆者はすぐにピンときた。実はこの予言、東日本大震災を予言・的中させたことで一躍時の人となった世見者(予言者)・松原照子氏による約30年前の著書『宇宙からの大予言 ― 迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』(現代書林)で「魔の水曜日」として語られているものだ。「魔の水曜日」とは、ズバリ国民の祝日となる水曜日のことを指しているのだが、そのようなタイミングが近づくたびにネット上で話題になってきたようだ。

 筆者は先日、松原照子氏と対談を行い、今後「魔の水曜日」が現実のものとなる可能性について初めて本人に質問している。その模様は、11月25日に発売されたDVD『松原照子の「幸福への近道」3 第9回松原照子特別講演会in東京』(ワンダーアイズ)にも収録されているが、今回はそこで松原氏の口から語られた内容も含め、来るべき大地震について考えてみることにしたい。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/12/post_8355.html】


■「魔の水曜日」の危険、現在も続いている! 松原氏から直接聞いた!

 1987年に出版された『宇宙からの大予言』によると、カレンダーの日付が赤くなる水曜日に、関東地方でM6クラスの地震が起き、さらに東海大地震、高さ80m以上の津波、そして「糸魚川―静岡構造線断層帯」に沿って日本列島が分断される大地震が連続するという。

 出版からすでに30年近くが過ぎており、もう「はずれ」として忘れ去るべきだと考える読者がいるかもしれない。事実、松原氏自身も過去の講演会で、「魔の水曜日」に関する質問が出た際に、「われわれの目の黒いうちは起きないだろう」と答えたと伝えられる。しかしその後、考えが変わったのか、それほど遠くない未来に「魔の水曜日」が現実となることを示唆する発言も飛び出しているのだ。

 前述のように、筆者は松原氏との先日の対談で、以前から直接聞きたかった「魔の水曜日」についての質問をした。すると松原氏は、「過去にそのように語った(「われわれの目の黒いうちは起きないだろう」とした)経緯については思い出せない」と前置きした上で、「自分がビジョンとして見えたことが絶対に正しいとも思っていない」ものの、「今でもあり得るとは思い込んでいます」と答えたのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング