複数の命を助けるために1人の命を犠牲にできるか? この質問の答えでアナタの“人望”が判明する!

tocana / 2016年4月15日 13時0分

写真

 殺人、食人、近親相姦……。これらが人類が社会生活を送る上で最低限戒めなくてはならない普遍的なタブーといわれている。しかし人と人非人を区別するこのタブーであっても、時によって破られていることは言うまでもない。その一方で、自分の命を犠牲にしてまでも献身的に他者を助ける行動に出る者もいる。いったいこの差はどこから来るのか? 宗教を含めた道徳教育から来るものなのか、それとも持って生まれたパーソナリティーなのか? 最新の研究では、この謎に心理学からのメスが入った。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/04/post_9446.html】


■究極の2択「トロリー問題」とは?

「トロリー問題」(あるいは「トロッコ問題」)といえば、数年前にNHK(Eテレ)でも放送されたテレビ番組『ハーバード白熱教室(Justice with Michael Sandel)』でも話題になった米ハーバード大学の政治哲学者、マイケル・サンデル教授の授業でとりあげられた倫理学上の論題で、ご存知の方も多いであろう。

 このトロリー問題は、いくつか細かい部分が異なるバリエーションがあるのだが、つまるところは、アナタが偶然直面した現場で「1人の命を犠牲にして5人の命を救うかどうか?」が問われる思考実験である。

●トロリー問題A
 ブレーキが利かなくなって暴走するトロリー列車(あるいはトロッコ)がある。そのままでは前方で作業をしている5人をひき殺してしまうことが確実な状況だだ。しかし、もし5人の前にある線路の分岐を切り替えれば進路が変わり、今度はその先にいる1人の作業員が犠牲になる。この状況に直面した場合、果たしてアナタは線路の分岐器のレバーを引いてトロリーの進路を変えるか?

 問題をよりはっきりさせるために、このトロッコ問題はもっと状況をデフォルメしたバージョンもある。

●トロリー問題B
 あなたは、線路をまたぐ歩道橋の上で暴走するトロリーの存在に気づいた。もしトロリーが今いる歩道橋を駆け抜けていけば、その先の線路上にいる5人がひき殺される。だが今現在、歩道橋の上にはアナタ以外にもう1人、太った男性がいる。この男性をトロリーが下を通り過ぎる前に線路に突き落とせば、トロリーを止められ、5人を助けられることができそうだ。あなたは、この男性を線路に突き落とすか?

 まさに究極の選択である。

 表現の違いこそあれトロリー問題のポイントは、5人の命を救うためにたまたまそこに居合わせただけで何の罪もない1人を殺せるか? という点である。つまり多くの命を助けるために殺人を犯せるのかどうかということだ。この1人を殺せないとすれば、アナタはこの5人がトロリーにひき殺される様子を何もできずに手をこまねいて傍観するだけの存在になってしまう。

tocana

トピックスRSS

ランキング