「6月23・24日に日本が沈没する」“異次元情報筋”が警告!? ニュートリノと人工地震、イルミナティの黒いつながりを魔女が探る

TOCANA / 2016年6月18日 11時0分

写真

 現在も余震の続く熊本地震だが、さらなる大地震につながると予知する人物がいる。作家・陰謀論研究家の高山長房氏である。レプティリアン関連の著書を多数執筆し、自らも「レプティリアンや宇宙人と交流を持つ」という高山氏は、“特殊な情報源”から今後起きる地震に関する情報を入手したという。魔女である筆者が、さっそく高山氏にインタビューを敢行した。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/06/post_10078.html】


■6月23日、もしくは6月24日の20時

 インタビューが始まるやいなや、高山氏の口から次のような衝撃的言葉が飛び出した。

高山氏 「日本の国土の3分の1が津波によって海底に沈みます! しかもこれは4段階にわかれていて、第1弾は北海道と青森の境、第2弾は三陸沖、そして第3弾は東京湾直下型、さらに第4弾が日本列島全体に壊滅的大打撃を与えます!」

……これは実に恐ろしい予知である。まさに日本が沈没するということか? では、それがいつ起きるのだろうか?

高山氏 「今年の6月23日、もしくは6月24日の20時です!」

 なんと! 時間帯までわかるというのか!? どうしてそのタイミングなのだろうか?

高山氏 「ある特殊な情報源からなので、詳しくは話せません。しかし、この日付を年と月日をバラバラにして、足してみてください。2016年6月23日は2+0+1+6=9、 6+2+3=11 、9・11になります!」

 9・11といえば、あのアメリカ同時多発テロが起きた日だ。そして9・11は、アメリカの対テロ戦争を正当化させるため、現地の秘密結社イルミナティが起こした自作自演だとする陰謀論は有名だ。つまり、イルミナティが世界に災いをもたらす日を選ぶ際に好みそうな数字であることは間違いない。

高山氏 「熊本地震も人工地震でした。6月に起きる地震もイルミナティによる人工地震です。人工地震の話は、国会でも議論されていますよ」


■ニュートリノと人工地震の関係

 なるほど、では人工地震はどのように引き起こされるのか?

高山氏 「HAARP、核爆弾、ハドロン加速器、リニアライダーなど色々な方法がありますが、最近はニュートリノが利用されているようです」

 ニュートリノだって!? あのノーベル賞でも有名な!? しかし、そんなことが物理的に可能なのだろうか?

高山氏 「電子と陽電子を衝突させて爆発を引き起こします。この操作は地球の裏側からでも可能ですが、その際に原発エネルギーが必要になります。九州には稼働中の川内原発がありますよね。岐阜県には、スーパーカミオカンデ実験装置というのがありまして、ニュートリノ実験が行われています」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング