アポロ17号の写真や動画にはUFOの姿が写っていた! NASAの“機密”に迫る

TOCANA / 2017年5月1日 7時30分

写真

 人類が月面に降り立って、もうすぐ50年になろうとしている。

 アポロ計画は1971年をもって有人探査を終えたが、今もって数多くの疑惑がささやかれている。はたして、本当に人類は月に行ったのか。公開された映像はスタジオやエリア51で撮影されたのではないか。いわゆるアポロ疑惑は科学者たちの冷静な反論にも関わらず、釈然としないまま、今日に至っている。

 理由のひとつは、“機密”にある。

 NASAは軍事機関である。秘密裏に軍事衛星を打ち上げたり、宇宙開発と称して兵器開発を行っていることは周知の事実。当然ながら、一般に公開されることのない情報も多々ある。アポロ計画でさえ、そのほとんどの重要データはいまだに機密扱いとなっている。

 NASAの上層部の頭を悩ませているのは、ほかでもない。エイリアンの存在だ。地球外知的生命体が存在するどころか、月面に前哨基地を建設している。アポロ宇宙飛行士たちは、それを目の当たりにしているのだ。国家の安全保障にかかわる問題だけに、民間人宇宙飛行士といえども、エイリアン情報を口にするわけにはいかないのだ。

 当然ながら、公開される写真などの映像に関しても、ごくごく差し障りのないものばかりで、仮にUFOが写りこんでいても、きれいに画像修正されている。公開されている資料のなかには、UFOらしきものが宇宙空間や月面上に浮かんでいる映像もあるが、そのほとんどはレンズ・フレアやゴースト写真だ。

 しかし、いくら修正しようとも、所詮は人間がやることである。たまにはミスもする。見落としが必ずある。たとえば、アポロ17号だ。司令船から撮影された着陸船の映像に、回転する3つの光体が写りこんでいる。ゴースト等の光のいたずらではない。明らかに物体が背後を飛行しているのだ。

 しかも、この物体、月面でも撮影されている。アポロ17号が撮影した月面の上空に小さいながらも、3つの光点が写りこんでいるのだ。おそらく、これは修正の見落としだろう。ついに最近になって、存在が確認されたものである。

 3つの光点は、有名なアダムスキー型UFOの底部にある3つのギアを思わせる。アダムスキー型UFOが回転しながら、探査機の背後を飛行し、かつ月面にも現れたのではないだろうか。

 もっとも、UFOの機体については、はっきりとはわからない。宇宙空間の暗闇に溶け込んで、具体的な輪郭は確認できない。それゆえ、このUFOはアダムスキー型ではなく、三角形UFOではないかという指摘もある。

 1989年、ベルギーの上空に出現し、5万人以上の人々に目撃された三角形UFOは、その底部に3つの光体と中心に大きな炉心のような光がある。この三角形UFOは、タイプによっては、中心の光がないものもある。当時、地球製UFOは、まだ開発されていない。戦闘機がスクランブル発進し、ミサイル攻撃を試みたものの、圧倒的なスピードで逃げ切った三角形UFOこそ、異星人の手による本物のUFOに違いないというのが定説である。

 エイリアンUFOが月面に飛来していたとすれば、まだほかにも写っている写真や動画が存在するかもしれない。アポロ計画で撮影された画像で公開されているのもは、NASAのホームページで閲覧することが可能だ。『月の都市伝説』を片手に、そうした当局が見落としたUFO映像を捜してみてはいかがだろうか。

(文=三上丈晴)


※画像は『月の都市伝説』(学研プラス)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング