小出恵介だけじゃない、2017年に芸能界から消えた8人! 引退・休業・謹慎・活動停止指令…!

tocana / 2017年7月2日 9時0分

写真

 6月8日、芸能事務所のアミューズは所属俳優の小出恵介が、17歳の女子高生との飲酒と淫行を理由に無期限で芸能活動を停止することを発表した。翌日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)の記事によると、5月9日深夜、小出は大阪・ミナミのバーで飲んだ後、この女性を宿泊先の帝国ホテルに連れて行き、無理矢理行為に及んだという。本人はこの行動を事実と認め、事務所側は処分を決めた。

 このような活動停止のほか、今年は謹慎、休業、引退となった芸能人が非常に多い。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/07/post_13688.html】

■狩野英孝

 小出と似たような例として挙げられるのは、今年1月、17歳の女子高生との淫行疑惑で「フライデー」に報じられたお笑いタレントの狩野英孝だ。狩野は「彼女は22歳だと聞いていた」と主張し、故意の淫行は否定。しかし、昨年から私生活においてのスキャンダルが続いていたため、所属事務所のマセキ芸能社は無期限謹慎を発表。その後、6月1日に処分は解除されている。

 ジュノンボーイ出身の俳優・山本裕典も事務所から解雇処分を受けている。この原因は私生活のトラブルとされる。山本は今年1月に「フライデー」で、飲み会で一緒になった地下アイドルと2人で自宅マンションに入る様子が報じられていた。またこのほかにも、女性関係トラブルは後を絶たず、そして無断でバーを経営していたことが決定打となりついに解雇されるに至ったという。

■田中聖

 トラブルどころか実際に逮捕されてしまったのは、元KAT‐TUNの田中聖だ。田中は2013年にジャニーズ事務所から契約解除を申し渡された後、ロックバンド・INKTのボーカルとして活動。しかし、5月24日、東京・渋谷区の路上に止めた車の中で、大麻を所持していたとして大麻取締法違反の疑いで警視庁に現行犯逮捕(現在、釈放)され、同月25日、田中および同バンドの活動停止が発表された。

■千眼美子

 逮捕ではないが、社会問題化されたのは女優・清水富美加の芸能活動中断だ。清水は2月に心身の不調により芸能活動を中断。同月12日、宗教団体「幸福の科学」のホームページで同教団への出家が発表され、同時に「幸福の科学」側は「奴隷契約」などと所属事務所のレプロエンタテインメントを非難。同日、清水もツイッターで「すり減っていく心を守ってくれようとしたのは事務所じゃなかった」とつぶやいている。 その後、清水は5月20日にレプロの専属契約が終了したとして、新事務所「ARI Production(アリ・プロダクション)」で芸名・千眼美子として活動再開することが発表された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング