上原多香子が阿部力と共演した舞台で、夫・TENNさんが“意外な行動”をとっていた…!? 関係者が目撃!

tocana / 2017年8月13日 9時0分

写真

 8月10日発売の『女性セブン』に、元SPEED上原多香子の元夫でヒップホップグループ「ET‐KING」のメンバーだったTENN(森脇隆宏)さんの遺書が公開された。遺書によると、TENNさんが自殺した2014年9月頃、妻の上原が俳優の阿部力(つよし)と不倫関係にあったというのだ。TENNさんのスマホには、LINE上での上原と阿部の赤裸々なやりとりやキス写真も残っており、ネット上では上原に対する物騒な発言も飛び交っている。

 問題となる上原と阿部のLINEのやりとりは、2014年10月、TENNさんの月命日に、上原がTENNさんの母に形見のスマホを手渡した際に発覚したという。今回、TENNさんの家族が3年越しの公表に踏み切った裏には現在も癒えぬ家族の悲しみがあったようだ。

 上原の気持ちは何時からTENNさんから阿部へ移ったのだろうか? 2人に詳しい関係者が、上原と阿部が共演した舞台での出来事を語ってくれた。

「上原多香子と阿部力が共演した舞台「夕-ゆう-」の大阪公演が2014年8月9日~17日にありました。他の共演者はこの公演期間中各々のタクシーで帰るなか、上原さんだけはずっと、TENNさんがバンで(恐らく自殺に使用したもの)で、迎えに来ていました」(舞台関係者)

「あの遺書には、上原多香子への愛情と謝罪の文面の裏に、隠せない恨み言が滲んでいることが読めばわかるかと思いますが、舞台期間中のそうした行動からも、いかにTENNさんが上原さんを強く思っていたかがわかります。しかし、1カ月後に自らを葬ることになる棺桶で、浮気相手との逢瀬の後を迎えに行く心境、そしてそこに同乗していた上原さんの心境を考えると……」(同)

 TENNさんが上原と阿部の子作りに関するLINEのやりとりを見たのはこの頃と見られており、約1カ月後に自殺している。

阿部「子供欲しい」
上原「2人の子供作ろうね」
上原「私とトントン(阿部の中国名、リー・ドンドンの愛称)の子はどんな子かなー」
上原「早く会いたいね」
阿部「子供ほしいわーーー」
上原「トントンのタイミングで作ろうね」(『女性セブン』より引用)

 当時は、TENNさんの月収が4万円ということもあり、上原との収入格差が自殺の原因と報道されたが、遺書では、自身が子どもを望めない体であることに気を病んでいた様子も伺え、このやりとりが“決定打”になったのではないかとの声もあがっている。現在、上原は阿部ではない男性との熱愛が報じられているが、遺された家族の心境は察して余りある。

 ちなみにトカナでは、未来学者の予想で「不倫スキャンダル記事」は10年後にはなくなるであろうことを伝えた。医学的に「決まった相手がいても、他の異性を好きになる人がいる」ことが発見され、「そのような人は、男性なのに男性を好きになる人と何ら医学的には違いがない」と言うことが新しい科学常識となりつつあるからだ。もちろん、信じた人間に裏切られることほどつらいものはないが、こうも不倫報道が続けばわかるとおり、不倫する人間は多勢いる。「人間は不倫をしない生き物であり、不倫する人間は人非人である」という常識は、そろそろ改められてもいい頃かもしれない。
(編集部)

※画像は「上原多香子オフィシャルブログ」より

tocana

トピックスRSS

ランキング