自称5億円男・ヒカル、炎上の裏側と黒い過去とは? 情報商材詐欺集団を警察もマーク中か!

TOCANA / 2017年9月7日 8時0分

写真

 散々バカにされ続けてきた「ユーチューバー」だが、ヒカキンもタレントとして所属し役員に名前を連ねるUUUM(ウーム)が先月30日、見事に東証マザーズに新規上場し話題となっている。

「アプリ制作をメインとするIT企業には上場ゴールが多くみられ、上場後直ぐに赤字転落するなど新規上場に対してかなり厳しい目が向けられ始めている。そんな中で、東証マザーズだとはいえユーチューバーがメインの会社が上場をしたことはミラクルです。はじめは疑いの目で見られていたのですが、収益力が高く、注目され始めました」(週刊誌記者談)

 しかもこのUUUMが上場をしたことで、戦々恐々としているユーチューバーが多いという。

「本来は、YouTubeにあげた動画の再生回数による広告収入でユーチューバーは生計を立てていたのですが、ここ最近はYouTubeの度重なる規約変更などで安定して稼げる状況ではなくなった。そこで、企業とのタイアップが新たな収益源として浮上し始めているんです。これまでは、PR会社や中小の広告代理店がこういったタイアップ動画のクライアントをユーチューバーに仲介していたのですが、そこに割って入ってきたのがUUUM。元々老舗のユーチューバー事務所であり、圧倒的人気を誇るヒカキンがいることで様々なタイアップを実現。しかも、他の所属するユーチューバーもうまく使って総括的にPRできる体制となっている。個人のユーチューバーはコントロールが効かないことがあり、広告を扱うには非常にリスクが高かった。そこで現在は、個人のユーチューバーに案件をふっていた広告代理店も、UUUMを通すようになり、結果として収益が激減したユーチューバーが増えているんです」(IT雑誌編集者談)

 そんな一人勝ち状態に異論を唱えたのが、VAZ(ネクステ)だ。この会社、UUUMと同じく多くのユーチューバーを抱え、ヒカル、ラファエル、禁断ボーイズなど小中高生の男子受けがいい無茶をするユーチューバーが動画を配信している。

 その中でもヒカルに関しては、AERA系列のネットにおけるインタビューで「自称年収5億」「日本一のユーチューバー」などと自身で宣言をし大炎上した。

「ヒカルのインタビューは本人が答えているにもかかわらず何の確証も無い話ばかりで当初からこんな記事掲載して大丈夫かと、メディア関係者の間では笑われていたほど。中には、『AERAが金で買われたのでは?』と冗談交じりに怪しむ声もあった。現に、週刊文春がヒカルの母親を直撃すると、5億円年収は嘘だと話してしまっている始末です」(IT系ライター談)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング