「人間は生まれないほうがよい、人類は滅亡するべき」著名哲学者ベネタ―の“反出生主義”が注目される! 少子化問題を完全否定する新理論!

tocana / 2017年10月27日 12時0分

写真

 アメリカでは60年代より、重篤な障がいを抱えて生まれた人物が、自分が生まれない方が良かったのに、医師の判断ミスにより間違った生を受けてしまったとする「ロングフル・ライフ訴訟」(wrongful life 間違った生)と呼ばれる訴訟事件が問題となっているが、哲学の世界では、障がい者だけでなく、健常者も含めた「全ての生が害悪である」とする驚愕の倫理学説が存在する。


■誕生害悪論「全ての生は悪である」

 南アフリカ・ケープタウン大学哲学教授デイヴィッド・ベネター※は、2006年に出版した哲学書『Better Never to Have Been: The Harm of Coming into Existence(生まれてこなければよかった:存在することの害悪)』(未邦訳)において、反出生主義を主張、「全ての生は害悪である」とする「誕生害悪論」を世に問うた。


【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/10/post_14885.html】

「善良な人々は、自分たちの子どもを苦しみから遠ざけることに全力を尽くすものだが、興味深いことに、あらゆる苦しみを子どもに与えない唯一の方法は、そもそも最初から彼らを産まないこと(存在させないこと)であると気付いている人はほとんどいない」(ベネター)

 古今東西、「生は悪である」と語る人は数多いが、分析哲学や功利主義といった伝統的な哲学的方法論に則って論理的に「全ての生が害悪」であり、「子どもを産むことは悪である」と結論付けた同書は世界中に衝撃を与えた。

 それでは、ベネターの議論の核心部分である『Better Never to Have Been』の第2章を参考に誕生害悪論の概要を見ていこう。


■功利主義的に「人は生まれない方が良い」

 ベネターはまず、功利主義的な快苦を善悪の基準に据え、それをAさんとBさんに当てはめる。Aさんはすでに存在してしまっている人であり、Bさんは存在しない人である。ここでベネターは害悪(悪)と利益(善)の間には非対称性があると論じる。

存在するAさん  (1)苦の存在(悪い) (2)快の存在(良い)
存在しないBさん (3)苦の欠如(良い) (4)快の欠如(悪くない)

 存在するAさんに、(1)苦があることは悪い、(2)快があることは良い、というのは容易に理解できるだろう。問題となるのはBさんだ。存在しないBさんに、(3)苦がないことは良いということはまだしも、(4)快がないことは“悪くない”とはどういうことだろうか? ベネターは、この非対称性を奇妙なたとえ話で説明している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング