【人工知能】2018年はどうなる!? ホーキング博士やビル・ゲイツも警告する“AI”に関するちょっと怖い事実5選!!

TOCANA / 2017年12月25日 13時0分

写真

 ロボット工学の進歩や運転サポートシステムの進化、スマート家電の普及などに代表される“第4次産業革命”。これらの産業に欠かせないのがAI(人工知能)の存在だ。日を追うごとにどんどん発達していくAIだが、近い将来人類にどのような影響を与えるのだろうか? 今回はそんなAIに関する少し怖い事実を5つ紹介しよう。


■人間と同じ権利を求めるロボットの誕生

 現在のAIの発達を見ると、いずれロボットは自我を持ち始める可能性がある。とある研究によると、自我を持ったロボットは市民権を主張し、人間と同じように住む家を求めるようになり、政治への参加を求め始めるという。この研究は、イギリス科学技術庁下の「ホライゾンスキャニングセンター」が、“50年後に見られるかもしれない技術的進歩”を推測するために行い、まだAIがあまり発達していなかった2006年に発表されたもの。今から約40年後、自我を持ったロボットは人間と同じように扱われ、共存するのが当たり前になっているかもしれない。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/12/post_15430_entry.html】


■すでに運用されている“自動殺人ロボット”

 “自動殺人ロボット”とは文字通り、人間の意思に関係なく殺人を行う機械のこと。韓国・サムスンテックウィン(現ハンファ・テックウィン)と高麗大学が共同開発した「SGR-A1」は、まさに“自動殺人ロボット”と呼ぶにふさわしい対潜ならぬ対人哨戒機だ。「SGR-A1」は一見すると巨大な監視カメラのようだが、標的を自動的に狙い打ちすることができる高性能機関銃を備えている。イスラエルや韓国ではすでに「SGR-A1」が導入されているようだが、韓国では自動モードで使用されておらず、自動で検出された敵をオペレーターが殺害するか否かを決める“半自動”モードで使用されているそうだ。韓国の「SGR-A1」は、北朝鮮との非武装地帯(DMZ)に設置されている。


■人間の仕事を奪うAI

 AIはいずれ人間の仕事を奪うとされており、予想をはるかに超えるほど人間の仕事がなくなってしまうという。イギリスのコンサルティング会社・プライスウォーターハウスクーパースは「2030年までに日本で21%、イギリスで30%、ドイツで35%、アメリカで38%の仕事がAIに奪われるだろう」と発表している。また、2053年までにAIは手術を行えるようになり、22世紀には世界にある半分以上の仕事が奪われてしまうとの試算も。今後、AIに支配されないわずかな仕事のひとつに“牧師”が挙げられている。その理由は、多くの人がAIによる宣教を望んでいないからだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング