【悲報】『君の名は。』の彗星落下は2018年に現実化する! 巨大ドクロ型隕石が71%の確率で地球に墜落予定!

TOCANA / 2018年1月4日 8時0分

「なにをバカな……」と思われる読者もいるかもしれないが、ここで『君の名は。』の教訓を思い出しておこう。(ややネタバレになるので注意)。

 作中でティアマト彗星が糸守町に落下することなど誰も信じようとしなかった中、唯一、ヒロイン・三葉の予言を信じたのは『ムー』の愛読者である友人・テッシーだけだった。エヴェレットの多世界解釈やティアマト彗星の人工天体説など、オカルト的な話に慣れ親しんでいた彼だからこそ、三葉の言葉を真剣に受け止めることができ、結果的に糸守町の人々の命を救えたのである。

 これはもちろんフィクションではあるが、現実世界でもオカルト的な想像力が的中することは往々にしてあるものだ。たとえば、先日もこれまでオカルトとして見向きもされなかった「月空洞説」が事実であったとJAXAが認めたばかりである。是非ともトカナ読者には、最もエクストリームな可能性も含めてあらゆる可能性に柔軟に対応する心構えいて欲しい。
(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング