【激ヤバ】自分のクローンを作って増える“謎の新種ザリガニ”が世界で大繁殖中!地球の生態系崩壊へ!

TOCANA / 2018年2月10日 7時30分

写真

 ヨーロッパで新種のザリガニが大繁殖していると問題になっている。しかもこのザリガニ、たった25年ほど前に水槽の中で生まれた新種であり、なんとメスしかおらず、自分のクローンを産んで大増殖しているというのだ。このザリガニに関する論文が今月5日、学術誌「Nature Ecology & Evolution」に発表され、「Neesweek」や「NY Times」といった大手ニュースメディアも取り上げる大きな話題となっている。

【その他の画像はコチラから→http://tocana.jp/2018/02/post_15941_entry.html】

■謎のザリガニ

 大きな話題となっているのはマーブルクレイフィッシュ(学名Procambarus virginalis)というザリガニだ。マーブル(大理石)クレイフィッシュ(ザリガニ)という名が示す通り、大理石のようなまだら模様が特徴的なザリガニだ。日本ではミステリークレイフィッシュの名で販売されており、愛好者の間で親しまれている。

 ミステリーと冠される通り、このザリガニは非常に不思議な生物である。まず、ミステリークレイフィッシュにはメスしか存在しない。そしてたった一匹でも卵を産み、自分とほぼ同一のゲノムを持ったクローンの子供たちを大量に作る。不思議なのは驚くべき生態だけではない。なんとこのザリガニ、ほんの25年ほど前にドイツの水槽で生まれた新種なのだ。

■明かされた出生の秘密

 以前よりミステリークレイフィッシュを研究している独ガンリサーチセンターの生物学者フランク・リコ氏らのチームは、この不思議なザリガニの全ゲノムの解読に成功し、その出生の秘密の一端を解き明かした。遺伝子解析により、このザリガニの祖先は米国ジョージア州やフロリダ州を流れるサティーラ川を原産とするProcambarus fallaxという種と確認された。

 ある日、通常は二組のはずの染色体を偶然三組持って生まれたProcambarus fallaxの子供が生まれた。この突然変異種のメスは仲間との間に子供を作れない代わりに、自分の卵だけで胚を発生させることができた。生まれた娘たちは母親とほぼ同じ遺伝子を持つクローンであり、やはり単為生殖が可能だった。そして、25年ほど前にドイツの水槽の中でただ一匹の生まれた突然変異のメスは、世界中にいるおびただしい数のミステリークレイフィッシュの祖となったのである。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング