インパルス堤下、遠藤要、山口達也…2018年上半期に不祥事を起こした芸能人11人! 春先に事件が連発!?

TOCANA / 2018年6月21日 9時0分

写真

 もうすぐ1年の半分が過ぎようとしている。齢を重ねると時間が経つのが早く感じるが、同時に忘れっぽくなるのも加齢あるあるのひとつだ。今年も芸能人による不祥事がワイドショーをにぎわせた。どんな事件があったか、忘れないうちに振り返ってみようと思う。

 2018年。年明け早々に事件があった。お笑い芸人のアキラ100%が『第51回爆笑ヒットパレード2018』(フジテレビ系)に出演。小道具で股間を隠すネタが失敗し、局部を隠しながら退場した。

 1月11日にはお笑いコンビ・インパルスの堤下敦が自動車運転の前方不注意で書類送検。1月15日には、ラッパーのUZIこと許斐氏大が1月15日、大麻所持の疑いで逮捕された。1月25日にはお笑いコンビ・トップリードの新妻悠太が住居侵入。同日発売の『週刊文春』(文藝春秋)にはNHKを退職した登坂淳一アナウンサーのセクハラ疑惑が報じられた。

 年が明けたことで気が抜けたのか、1月に起きた不祥事は非常に多かった。春眠が心地良い季節となると、また、不祥事が増える。昔から精神科医の間では、この時期はメンタル状態が悪化しやすいと言われているそうだ。

 4月17日、俳優の遠藤要が東京・六本木の飲食店で店員の顔面を殴打。4月20日、東京都世田谷区の歩道で女性を突き飛ばしてスカートの中に手を入れようとした俳優・青木玄徳が強制わいせつ未遂で逮捕された。4月25日にはアイドルグループ「TOKIO」の山口達也がバラエティ番組『Rの法則』(NHK・Eテレ)で共演していた女子高生にキスするなどで、強制わいせつ容疑で書類送検された。

 山口の事件は衝撃的だった。以降、雪崩を打ったようにジャニーズの事件が立て続けに明るみとなる。

 アイドルグループ「NEWS」の小山慶一郎と加藤シゲアキが未成年女性と飲酒していたことを6月7日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた。ジャニーズ事務所は小山を一定期間の活動を自粛にし、加藤に厳重注意処分を下したと発表。『週刊文春』(文藝春秋)はこれだけにととまらず「NEWS」の手越祐也が参加するパーティの動画を入手。同席した女性タレントの2人は当時未成年者だったことを報道した。

 芸人や俳優の不祥事もあったが、ジャニーズタレントの事件がやはり目立つ。山口の事件が発端となったからか。ジャニーズ事務所だが忖度するマスコミが減ったのかもしれない。ジャニーズ事務所にもみけす力を失ったのかもしれない。いずれにせよ、ジャニーズタレント関連の今後の動きが気になるところだ。スキャンダルの世界が激変するかもしれない。


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング