グーグルマップに写ってしまった不可解すぎる光景5選! 謎のウマ男、不気味すぎる黒雲、UFOも!?

TOCANA / 2018年9月17日 7時0分

■空に浮かんだ巨大UFO

 アメリカのニュージャージー州・ハケッツタウンで巨大なUFOのようなものがGoogleマップによって捉えられた。上空に浮かぶワイングラスを逆さにしたような物体は、透明で上部は少し赤みがかった色をしている。

 ハケッツタウンはUFOや未確認生物の目撃情報が多く、2011年は“マンティスマン”と呼ばれるエイリアンの目撃情報が続出。Googleマップに写ったこの巨大なUFOと、マンティスマンに何かしら関係があると睨む声も多い。しかし、ネット上には「ただの撮影ミスだろ」「レンズフレアだね」といった声も。この写真が巨大UFOなのかレンズフレアなのかはわからないままだ。

■奇妙な形の雲

 イタリア上空の青空を捉えたGoogleマップに、巨大な細長い黒い雲が写し出されて話題になったのは2016年。左右だけでなく、上部にも伸びた黒い雲がどのように発生したのかは今なお明らかになっていない。

 この画像がネット上で拡散されると、「異常気象で発生した雲だとは思えない」「まさしくUFOの軌道を写したものだ」といった声が世界から続出した。とある専門家はこの雲を「恐るべきスピードで空中を横ぎったUFOのもの」と予想。ミステリー愛好家の中では、今なお“検証が必要な画像”として語り継がれている。

(文=山下史郎)
※イメージ画像は、「Thinkstock」より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング