満島ひかり、yui、鈴木紗理奈… 実は離婚歴がある有名人「二度目のデキ婚」「イミフすぎる」

tocana / 2018年11月15日 9時0分

写真

 小池徹平(32)が“実は結婚していた”ということでニュースを賑わせているが、“実は離婚していた”という芸能人も少なくない。女優の満島ひかり(32)は、2016年に映画監督の石井裕也(35)と離婚している。

 2人は交際期間1年を経て、10年の10月に結婚。しかし結婚生活は長続きせず、およそ6年で離婚を発表した。離婚成立直後、満島は瑛太(35)の弟である俳優・永山絢斗(29)との交際が発覚。当時「いつの間にか離婚してたんだね。結婚したことすら知らなかった」「離婚直後に交際発覚って、不倫してたのかなと疑ってしまう」と世間を賑わせていた。

 一方、石井監督は今年6月に女優・相楽樹(23)との再婚と相楽の妊娠を発表。こちらには「この監督は“これから売り出していくぞ”っていう20歳そこそこの若手女優が大好きなんだね」などの声が上がっている。

 今回は満島のように、実は離婚歴のある芸能人たちをご紹介していこう。


●鈴木紗理奈

 昨年の「マドリード国際映画祭」で、最優秀外国映画主演女優賞を受賞して話題になった鈴木紗理奈(41)。彼女は13年に、レゲエグループ「INFINITY16」のTELA-Cと離婚している。鈴木は離婚理由について、“TELA-Cの浮気癖が原因”だと語っていた。

 鈴木とTELA-Cの間には男児が1人いて、離婚後も元夫と子どもの関係は良好なようす。昨年11月に放送された『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演した鈴木は、再婚について「息子が育ってから、そういう人に出会えばとは思いますけど…」とコメントしている。しかし子どもについては、「もう1人作るとしたら、パパ(元夫)がいい」と発言。ネット上からは「イミフすぎる」「ちょっと理解ができないなぁ~」といった声が続出していた。

●あべこうじ

 10年の「R-1ぐらんぷり」で優勝した、ピン芸人・あべこうじ(43)も実はバツイチ。00年に一般女性と結婚したあべだが、07年3月に離婚。その原因は、あべの女癖の悪さが原因だといわれている。以前放送された『やりすぎコージー』(テレビ東京系)では、離婚前の元妻があべの素行不良ぶりを暴露。あべの女癖の悪さだけでなく、ヒモ状態だったことなどを明らかにした。

「R-1ぐらんぷり」優勝後にも女癖の悪さをすっぱ抜かれていたあべだが、14年に元モーニング娘。のメンバーである高橋愛(32)と結婚。発表当時のネット上には、「あべこうじが何か弱みを握ってるとしか思えない」「おままごと感が否めないのは私だけ?」といった声が上がっていた。すぐに離婚するとの意見も多かったが、あべは今年9月に高橋と誕生日ランチに行ったとSNSで報告。仲睦まじそうな2ショット写真を公開している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング