米津玄師に笑えないスキャンダル浮上する可能性も!? “敵視する”一派が情報リークか

tocana / 2019年2月26日 7時0分

写真

 昨年、NHK紅白歌合戦に電撃出場した米津玄師の勢いは、2019年になっても衰えるどころか加速する一方だ。2月には昨年公開した大ヒット曲「Lemon」のMVがYouTubeで3億再生回数を超えたことが大きなニュースとなったばかり。まさに“時の人”となった米津だが、好事魔多し。注目されればされるほどスキャンダルが出てくるのも芸能界の掟であり、 米津もその掟から逃れられそうに無い。

 昨年の紅白で歌唱した「Lemon」は日本人アーティストで初め て3億再生回数を突破し、デジタル配信は約1年連続でトップ10入りと異例のロングヒットとなっている。1月にスタートした自身 初のアリーナツアーのチケットは即完で、グッズ売り場にも異例の 長蛇の列ができるほど。まさに米津人気は過熱している。 

 そんな若者のカリスマであり、国民的歌手となった米津だが、何をしても 許されるわけではない。ツイッターがきっかけで批判も浴びた。 ベッキーがプロ野球・巨人の片岡治大コーチと結婚を発表した時だ 。

「結婚発表数時間後、ツイッターに泣きまねする『ゲスの極み』 の川谷絵音の写真を載せ、『絵音に幸あれ』とツイートした。ベッ キーと川谷が不倫関係にあったことは日本中が知るところ。結婚というお目出度い日に、わざわざ忌まわしい過去を穿り返した無神経さに批判が集中した」(レコード会社関係者)

 他人のスキャンダルをネタにした米津だが、そのうち自分も笑っていられない事態になるかもしれない。米津は今年に入って所属事務所社長の10歳年上の女性と熱愛と報じられたばかりだが…。

「恋人と言われている社長は米津をカリスマに育てることに成功した。 卓越した手腕は折り紙付きなのだが、その一方で他人には厳しい面があり、敵も多い。米津の交際報道が出た後には、 米津と社長の秘密や、米津の素顔などに関するタレコミがマスコミ各社に相次いでいる。どうやら米津に敵意を持つ一派が流している ようだ」(ワイドショーデスク)

 関係者は情報漏洩にピリピリしているという。米津本人は気にしていないかもしれないが、特にプライベートをさらけ出して売ってい るわけではないので、決してスキャンダルやプライベート暴露は望んでいることではないだろう。
(文=水川米匠)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング