江角マキコ、安室奈美恵、嗣永桃子…平成で引退した芸能人8人! 暴力団、不倫、コカイン、投資詐欺…!

tocana / 2019年4月18日 13時0分

写真

 平成が終わり令和の時代が始まる。平成を彩った芸能人は数知れず。しかし、年齢の問
題や結婚、不祥事。また、新たな世界に飛び込むため表舞台から去った人も多い。今回は
平成時代に芸能界を引退した人たちをピックアップし、平成とはどういう時代だったのか
。振り返ってみたい。

 歌手の安室奈美恵はデビュー記念日の2018年9月16日をもって、25年の芸能生活に終止
符を打った。これまでにシングル47枚、アルバム17枚、DVD20枚を発売しており、総売上
数は3700万枚以上。10代のカリスマから出産を経て、復帰し、音楽性とライブにこだわっ
ていった。引退の理由のひとつは数年前に声帯を壊していたということだった。

 平成10年前後は高い音階の女性ヴォーカリストが市場を席巻していた。その中心にいた
のは音楽プロデューサー・小室哲哉だった。上記の安室を代表に、篠原涼子、trf、H
Jungle with t、globe、華原朋美など数々のアーティストを生み出し、ヒット曲を量産した
。この時期はカラオケボックスが普及し、多くの若者がコミュニケーション手段として利
用。小室はこの時代の流れを捉えた楽曲を数多く提供した。そんな小室も昨年1月に不倫
騒動の責任を取って芸能界を引退した。

 平成12年には、20世紀の最後の年にお笑い界の天才・上岡龍太郎が芸能界引退した。昭
和時代には漫画トリオのメンバーとして活動し、解散後も大阪を中心にテレビやラジオな
どで活躍。平成に入ったころに東京へ進出。立て板に水を流すような語り口は絶品で、今
の時代では見られないタイプの芸人だった。「ボクの芸は20世紀で終わり」とスッパリと
辞める潔さも、いかにも彼らしい。

 そんな上岡の教えを乞うて、漫才師として世に出たのが島田紳助だった。島田紳助・松
本竜介というコンビは昭和の漫才ブーム時に“ツッパリ漫才”というスタイルを確立。その
後、紳助はさまざまな人気番組の司会を務めることになる。しかし、東日本大震災が起こ
った平成23年に、紳助と暴力団関係者の間で親密な関係をうかがわせるメールがあったこ
とから、引退することとなった。

 女優陣では平成29年に堀北真希が引退している。「梅ちゃん先生」(NHK)をはじめ、数
々のドラマで活躍した堀北だが、俳優・山本耕史との結婚・出産を機に引退。そのあっさ
りとした引退っぷりは平成らしさを表しているような気がする。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング