木下優樹菜も落とされていた!? アイドルグループに応募して落選していた意外な芸能人4人!

tocana / 2019年4月17日 8時0分

写真

 現在バラエティー番組などで活躍している芸能人の中には、意外な過去を持っている人も少なくない。例えば現在ママタレとしても人気上昇中の木下優樹菜(31)は、とあるアイドルグループに加入しようとしていたそうだ。

 彼女は今年4月、所属事務所「プラチナムプロダクション」の大型育成プロジェクト「Shibu3 project」のイベントに参加。後輩にあたる小学生から高校生までのメンバーがパフォーマンスを披露し、木下は先輩としてトークショーに登壇した。そこで彼女は、中学生の頃にモーニング娘。のオーディションを受けたことがあると告白。結果は“落選”という形で終わったのだが、つんく♂(50)は木下を落とした理由について「協調性がないから」と語っていたという。確かに現在は2児の母として子育てに励んでいる木下だが、中学生時代はかなり気合いの入ったヤンキーで副番長。そのためネット上では、「まあ落とされるよな」「むしろあの時代の木下優樹菜がアイドルになってたらどうなってたんだろう」といった声が上がっていた。

 今回はそんな木下のように、アイドルグループに応募して落選していた芸能人を紹介していこう。

●山崎静代

 まずは南海キャンディーズの“しずちゃん”こと山崎静代(40)。彼女も過去にモーニング娘。のオーディションを受けたことがあり、書類選考で落選している。以前放送された『DON!』(日本テレビ系)という番組によると、一時期彼女は自傷行為を繰り返しており、“自殺”も考えていたとのこと。しかしそんな自分を変えるために、幼少期からアイドルに憧れていた彼女はモーニング娘。のオーディションに応募。アイドルとして採用されることはなかったが、鬱屈した気持ちを切り替えるきっかけになったという。

 そんな山崎は昨年の12月、『プレミアMelodix!』(テレビ東京系)でモーニング娘。と共演。「恋愛レボリューション21」のパフォーマンスで同グループとコラボし、憧れのセンターを務めていた。番組を見た視聴者からは、「すごいちゃんと踊れててびっくりした!」「モー娘。とコラボしてるしずちゃんかわいい」「しっかりセンターを務めきってた!」と温かい声が。長年の夢を叶えた彼女を見て、希望が湧いた人も多いようだ。

●児嶋一哉

 お次はアンジャッシュの児嶋一哉(46)。アイドルとは無縁そうなイメージだが、昨年映画『それいけ! アンパンマン かがやけ! クルンといのちの星』の完成披露試写会でジャニーズアイドルを目指していた過去を明かしている。同試写会で彼は、中学3年生の頃ジャニーズ事務所に送りつけた写真を公開。相方の渡部建(46)に「行方不明の人」と写真をイジられていたが、当時は大真面目にアイドルを目指していたそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング