菅田将暉、山田孝之、大谷亮平… 眉毛が濃い俳優6人が今売れている秘密とは!?

tocana / 2019年5月13日 8時0分

写真

 俳優の菅田将暉が飛ぶ鳥を落とす勢いを見せている。夏に公開予定の映画『アルキメデスの大戦』に主演。そして今年の11月からはフランス文学界を代表するアルベール・カミュによる戯曲の舞台『カリギュラ』の演出を、日本演劇界を代表する栗山民也が務めるのだが、この作品の主演も菅田である。

 そんな菅田の眉毛は濃い。眉頭から高い位置にある眉尻に向かって一直線に伸びているため、眉毛に品性を感じさせる。柔らかい顔立ちをしているにも関わらず、眉毛が濃いため、アンニュイさと男らしさが入り混じった魅力的なキャラクターが引き出されている。

 同世代では山田孝之の眉毛も濃い。山田の場合は眉頭から眉山までが太く、アーチ形を描いている。山田の場合は、各パーツがはっきりとしており、全体的に濃い顔立ち。この顔立ちをうまく利用し、コミカルな役から冷徹な役まで幅広い役柄を演じ分けている。

 韓国で活躍した後、逆輸入俳優として日本でも有名になった大谷亮平も眉毛が濃い。眉頭から眉山までしっかりとした太さを保っており、眉山から眉尻にかけては書道の止めのようなシャープさで締めくくっている。

 その大谷と似ているという声も多い竹野内豊の眉毛も濃い。眉毛の形としては菅田将暉にやや似ている。全体的に濃い目の顔立ちではあるが、どこか品性を感じさせる。慎ましいワイルドさからセクシーが零れ落ちている。

 同じベテラン俳優では阿部寛の眉毛も濃い。阿部の眉は眉頭から眉山、眉尻まで全体的に濃い。それだけでなく、映画『テルマエロマエ』では古代ローマ人を演じ切るほど濃い顔の持ち主である。先日、ホームページの画像が数年ぶりに更新されて、やや話題となった。

 最後にご紹介したいのが加藤諒だ。加藤の眉毛の太さは日本随一ではないだろうか。眉頭から眉尻まで紛うことなく極太である。この眉毛の太さは顔立ちの濃さも相まって、加藤の性格俳優としての能力を引き出している。

 女性と比べると男性は全般的に体毛が濃い。そうなると自ずと女性よりも男性の方が眉毛も太くなる。眉毛の太さは性差を区別するのである。となると、眉毛の濃さは色気と直結する。太すぎれば太すぎるで、それは個性と直結する。

 俳優にとって濃い眉毛は一つの武器なのである。実際に、眉毛の濃い俳優には名優が多い。

※画像は「菅田将暉 – twitter」より引用

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング