極楽とんぼ・山本圭一、現在も過去も闇すぎる!? 都内にヤリ部屋、最悪の女グセ、激ヤバ素行データ100ページ…

tocana / 2019年4月21日 8時0分

写真

【平成の芸能事件簿】令和新時代を前に、振り返るべき「平成の芸能事件簿」を大特集! 情報社会となった平成時代の象徴とも言える巨大掲示板「5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)」のなかで最もスレが伸びたニュースにスポットを当ててピックアップする――。

■極楽とんぼ・山本圭一、強姦逮捕(2006年7月)

 芸能人の犯罪行為の厳罰化が一気に進んだ事件と言っていい。お笑いコンビ「極楽とんぼ」山本圭一が未成年女性との強姦容疑などで逮捕、芸能界を追放された。スレは127を記録。

 事件が起きたのは2006年7月17日、萩本欽一が監督を務める野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の遠征に帯同していた山本が前日16日、函館市内で地元の10代女性をナンパ。飲酒を勧め、少女が酔っ払ったところで性的関係を持った。翌日、少女は北海道警函館西署に被害届を提出。山本は未成年へのわいせつ容疑の条例違反で逮捕されることになった。

 即座に反応したのは吉本興業だ。7月18日には山本を解雇し「未成年者との飲酒行為及び淫らな行為があったためです」と説明。これに伴い、相方の加藤浩次はレギュラー番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)の冒頭で号泣謝罪した。山本は強姦などの性犯罪容疑で書類送検されたが、9月中旬に少女側と示談が成立したため、不起訴処分になった。

 言語道断の蛮行に変わりはないが、当時は少女側にも〝ある疑念〟が持たれていた。スポーツ紙記者の話。

「事件後、少女側の関係者から複数のマスコミにインタビュー取材のオファーがきました。もちろん謝礼あり。性犯罪の被害者は身元をなるべく隠すのが常だけに、違和感を持った人も一部いたようですが…」

 後からわかった話だが、当初、少女は被害届提出に乗り気ではなかったという。ところが、〝あの夜〟の一件を交際中の彼氏に相談したところ「彼氏が激高。半ば強制的に被害届を出すことになった」(事情通)。これに尾ヒレがついて、ネット上ではハニートラップ説も囁かれるようになったが、前出スポーツ紙記者によると「最初から山本をハメてやろうという感じではない。ハニトラはありえないでしょう。ただ、少女の交際相手が絡んだことで、話がややこしくなった」という。

 それにしても附に落ちないのは、あまりにも迅速な吉本興業の対応だ。山本も面食らったのではないか?

 実はこれに関して「ダウンタウン」の松本人志が2015年1月25日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」の中で、ヒントを出している。当時は山本の〝吉本復帰〟の機運が高まっていた時期。松本は「復帰してもいいと思う」としつつも「でも吉本としても相当彼に手を焼いたことは事実で、いろいろあったのよ。だから『もうええ加減にせえよ!』というのがあってのこれなんですよ。僕も会社に何度か言ったことあるし…本人からもたまに電話かかってきたりしてる」とクギを刺した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング