TOKIO国分太一が子どもにおっぱいを吸わせ… 子育ての話題で炎上した芸能人4選! 「最低発言」「気持ち悪い」

tocana / 2019年5月25日 8時0分

写真

 5月1日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、TOKIO・国分太一(44)が出演。番組内で子どもにおっぱいを吸わせたことを明かし、ネット上が湧いている。

 この日ゲストとして出演した女優・杏(33)と子育てトークを展開した国分。子どもの寝かしつけについての話題となり、「自分のおっぱいを吸わせてみたことがあります」と暴露した。奇想天外な国分の行動にネット上からは、「普通に汚い」「一応ジャニーズなんだからやめてくれ」「ナチュラルに気持ち悪い…」とドン引きの声が続出。“育児パパ”エピソードが批判を招いてしまった。

 ちなみに国分は番組で「吸いついて泣き止むの」と語り、TOKIO・松岡昌宏(42)は「父親のおっぱいでも!?」と驚愕。しかし国分は、「でも出ないことに気づいて倍泣く」と悲しそうな顔で告白している。

 今回は国分のように、子育てにまつわる話題で批判された芸能人たちをご紹介していこう。

●SHIHO

 モデルのSHIHO(42)も子育てについて炎上した芸能人のひとり。2018年1月に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演したSHIHO。番組内で“叱らない子育て”を告白し、その“放任主義っぷり”が批判を呼んでいる。ママ友である東尾理子(43)と旅行した際に、SHIHOの娘が他人の携帯電話を勝手にいじり始めた。見かねた東尾はSHIHOの娘を注意したそうだが、当の母親であるSHIHOは素知らぬ様子で読書に耽っていたとのこと。

 他にも、娘がハンバーガーのレタスを投げ捨てた逸話にも「食べたくないものは食べなくてもいい」と発言している。番組放送後、当然ながらSHIHOの子育てに対して批判が殺到。2018年2月発売の『女性自身』(光文社)でSHIHOは、当時の炎上を振り返り「今では、私の子育てが間違っていたと思っています」とコメントしていた。

●木下優樹菜

 2018年11月放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)にタレントの木下優樹菜(31)が出演。番組内で木下は、子育てにおける独自の哲学を明かした。木下は生後7カ月が経った頃には、既に娘を“普通の人間として扱う”とコメント。しつけに関しても相当厳しいようで、生後7カ月の娘に「いただきますが聞こえないんだけど!?」と注意することを告白した。

 さらに木下は、「意外と(言葉が)分かってるから、赤ちゃん言葉が使えないんですよ」と発言。木下の子育て論に視聴者からは、「言葉遣いのなってない母親に言われても…」「自分が生後7カ月の時に優秀だったか思い返してみろ」との声が上がっている。“ヤンキーキャラ”から“教育熱心なママタレ”に見事転身した木下だが、今後も怒声が絶えない家庭となりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング