キスマイ玉森裕太、国分太一…発言で“性格の悪さ”が露呈した芸能人4人!「ハラスメント」「いじめ顔」

tocana / 2019年6月9日 8時0分

写真

 5月放送の『プレバト!!』(TBS系)に出演したKis-My-Ft2・玉森裕太(29)。番組でキスマイ玉森が詠んだ俳句が、「性格悪すぎ!」と話題になっている。

 同番組の「俳句の才能査定ランキング」では出演者が俳句を詠み、その俳句を俳人である先生が評価するという内容。この日の放送では、「5月の昼休み」という題材で俳句を詠むことになった。しかし先生から“才能ナシ”と評されてしまった玉森。彼の俳句は「炎天下 待ち行列に 草生える」というもので、スタジオからはクスクスとした笑い声が上がっている。

 玉森の俳句にネット上からは、「炎天下に並んでるの見たら大変だなとは思うけど、笑えるか?」「ファンもライブ時は並ぶのにね。こんなこと言われて可哀想」「玉森は 性格悪すぎ 草生える」との声が多く上がっていた。

 今回は玉森のように、テレビで性格の悪さが露呈した芸能人たちをご紹介しよう。

●国分太一

 まず最初に紹介するのは、TOKIO・国分太一(44)だ。3月2日放送のラジオ番組『土曜朝6時 木梨の会。』(TBSラジオ系)で、TBSアナウンサー・古谷有美(31)が生放送にも関わらず寝坊してしまう。2日後の3月4日に『ビビット』(TBS系)へ出演した古谷アナは、国分に「今日は起きられたんですね」とイジられている。国分の発言を受けた古谷アナは、その場を借りて陳謝。しかし国分の“古谷イジり”はここで終わらなかった。

 3月20日放送の『ビビット』でも、国分は古谷アナの遅刻を蒸し返している。番組では皇族の衣装が紹介され、試しに古谷アナが衣装を着てみる流れに。私服姿と皇族衣装の比較画像を見た国分は、画像を交互に指さし「寝坊しそう、寝坊しなさそう」とまたも古谷イジり。視聴者からは、「イジりハラスメント」「顔から意地悪さが滲み出てる」「国分は良い人なんです、性格が悪いだけで」との声が上がっていた。

●池田美優

 ファッションモデル・“みちょぱ”こと池田美優(20)も、性格の悪さが露呈してしまった芸能人のひとり。2018年10月に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した池田。「芸能界のウラ大公開」という企画で、共演していたモデル仲間である越智ゆらの(20)から「私のことを『テメェ』と呼ばないで!」とクレームが入る。

 越智は「他の方はちゃんと名前で呼ぶんですけど、私のことだけテメェとか、お前とか。名前で呼んでくれなくて」「頼みごとがある時だけ『ゆらちゃん』って呼んできて」と口の悪さを暴露されてしまう。対して池田は、「(越智は)本当にドMなんですよ」「(こう言ってるけど)結構喜んでるんです」と反論。しかし最終的にはダウンタウン・浜田雅功(56)に「いじめ顔やもん」と言われてしまい、スタジオが笑いに包まれていた。

●本田翼

 5月に放送された『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)にゲスト出演したファッションモデル・本田翼(26)。番組では出演者こだわりの“テーマ”を徹底討論するという企画で、本田は「電車や街中にいる赤ちゃんの相手をするか?」との疑問を出演者に投げかけ。テーマを出した当の本田は“赤ちゃんの相手をしない”と答えている。

 MC・明石家さんま(63)からの「なんで相手しないの?」という質問に、本田は「同じ人間なので」「甘やかす必要はない」と断固とした意志でコメント。赤ちゃんと目があっても背けるとまで発言した彼女に、視聴者からは「子どもに愛想振りまく必要はないけど、本田翼の言い方は性格悪いと思う」「同じ経験がある人も多いかと思うけど、普通は公の場では言わないでしょ」「本田翼が性格悪いのとか、前からわかってたことじゃん」との声が上がっていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング