1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

子育ての意外な穴場!? 親子で図書館を楽しむ4つのメリット

LIMO / 2019年6月11日 10時45分

写真

子育ての意外な穴場!? 親子で図書館を楽しむ4つのメリット

脱・孤育て! 図書館に行こう

梅雨が近づき、子どもの遊び場に迷う季節。おすすめしたいのは図書館です。図書館は、雨の日でも子どもが楽しめるということ以外にも、子育て世代の様々なニーズに応えてくれる場所。意外と見落としがちだと思いますので、改めてその魅力をご紹介しましょう。

身近にあり、無料で利用できる

まず図書館は、ほとんどの地域にあります。そして無料です。時間をかけて出向き、お金をかけて遊ぶような場所と違って、気負わず楽しむことができます。

もちろん、買わなくてもたくさんの本を読むことができるので、そういった意味でも経済的です。そして、どんどん増えていく絵本を収納する場所がない!という悩みも、図書館を利用すれば解消できます。

親子連れで気楽に利用できる配慮がいっぱい

多くの図書館には、小さな子どもが利用できるスペースがあります。筆者の住む地域の図書館は、ガラス戸で区切られていて、読み聞かせをする声が響きにくくなっていたり、じゅうたん敷きで靴を脱げるようになっていて、ねんね期やハイハイの赤ちゃんも過ごしやすくなっていたり、様々な配慮が見られます。

さらに、多くの図書館では「おはなし会」など、絵本を読み聞かせしてくれる子ども向けの催し物が開かれています。子どもが楽しめるというだけではなく、「どんな絵本を選んでいいかわからない」という親の疑問も解決することができます。

育児中の息抜きに、親自身も楽しめる

子連れで安心して利用することができる図書館は、小さな子どもを連れてお出かけしやすい場所が見当たらず、家にこもりきりになってしまっている親子にもおすすめ。他の親子を見たりコミュニケーションをとることで、「一人じゃない」と思うことができるはずです。

他にも、児童館など子どもが無料で楽しめる場所はありますが、図書館は親にとっても楽しめる場所というところも大きいです。なぜなら、当たり前ですが図書館は大人向けの本もあるから。レシピ本など家事にまつわる本、子育てに関する本など、気楽に読める本もたくさんあり、しかも無料で借りられるので育児中の息抜きにはぴったりです。

図書館に通った経験は成長の土台に

そして、これらの魅力から図書館に通うことが習慣になっていくと、そのうちに子どもが読書好きになっていく……やはり、それが図書館の最大の魅力でしょう。「読む」ことを楽しく学べて、生きていく上で必要な想像力や知識を得ることができる絵本は、子どもの土台になってくれるはずです。

子どもの個性も様々ですから、図書館に通っても読書好きにならない場合もあるでしょう。でも、図書館は、子どもにとってはコミュニケーションの場所としても魅力的なはずです。まだ未就学児の我が子に、小学生のお兄ちゃん・お姉ちゃんが「これ、おもしろいよ!」なんて本をすすめてくれることもあって、ほっこりさせられることもしばしばあります。

さらなる図書館の活用法としては、住んでいる自治体以外の図書館も、近隣の自治体在住なら利用できる場合もあります。また、インターネットで所蔵資料を探したり、予約することができるシステムも多くの自治体に取り入れられています。無料でありながら、どんどん便利に進化している図書館。ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください